三種の神器のおかげです、その1.

今週の定休日(10/29)は、
ちょっとゆっくりのスタートのつもりで、
朝イチの突撃は見送った。

前回前々回と2回連続でボーズをくらっているので、
今日はなんとしてでも釣らなくてはいけない。

そこで今回は、
とっておきの秘策を繰り出すことに。

といっても何か新しいテクニックを使うのではなく、
釣れないときの神頼みをお願いすることにした。

名づけて”三種の神器”におすがり作戦。

どなたにも験担ぎの幾つかがおありだろうが、
道具屋おやじのそれは合計3つある。

一つ目は赤い靴下。
二つ目は息子のくれたGショック。
そして三つ目は、これが一番強力、神様の石。

この3つを同時に繰り出すと、
なんと、あ~ら不思議、
それまでのボーズ街道は何処へやら、
爆釣街道まっしぐらという、
それはそれは霊験あらたかな3種の神器なのであります。

今朝は8時ごろから準備を始めて、
まずは赤い靴下と息子のくれたGショックを身に着けます。

-赤い靴下の謂れ-
その昔、アメリカのコロラド州にある、
ドローレスリバーに釣りに行った時のこと。

案内してくれたスコット社のセールスマネージャーが、
コロラドの名前の由来を教えてくれて、
赤い土地が多かったからcolor red と呼ばれて、
それがコロラドになったとか。

そのためコロラドで釣るときは、
somthing red=何か赤いモノを身につけると良い、
そう教えてくれたので、
さっそく赤い靴下を履いて翌日釣ってみると、
それまでのボーズ街道がウソのように解消。
素晴らしいサイズのワイルドのカットスロートを、
ついにゲットすることができて、
赤い靴下は、
オイラのとって置きの秘策の一つになったのでありました。
ありがたや~




-息子がくれたGショック-
おいらは時計が苦手でね、体にぴったりと張り付くものが
どうも好きになれない。
そのため、指輪もしないしアクセサリーも持ったことがない。
一度だけ、若気の過ちで、
見栄をはってロレックスを1個だけ買ったことがあるのだけど、
どうにも重くてねぇ。
2~3回使ってから、コメ兵さんに持っていきました。

そういうわけなので、
時計を身につけるのが好きじゃないので時計を持っていないのだけど、
息子が就職して最初の給料をもらったとき、

どうやらうちのオヤジは貧乏で時計が買えないから、
初サラリーでGショックを買ってやろう。

息子はそう思って買ってくれたようだ。

で、せっかく買ってくれた時計なので、
ちょっとだけ使ってみるかと思って、
庄川に行った時にはめてみたら、
なんとその日は尺イワナ連発。

この日、息子のくれたGショック様は、
下手クソ釣り師の願いをかなえる、
素晴らしいお時計様になられたのでありました。
ありがたや~

で、最後は神様の石。

-神様の石-
これは今を去ること30年前、
サラリーマンだった道具屋オヤジは、
勤め先で不遇をかこっていた。

というのも、何処にでもいる嫌な上司とそりがあわず、
仕事が全然はかどらない。

しょうがないので偶然手に入れたこの神様の石を机の中に忍ばせて、
そいつが何か嫌な発言をするたびに、
机の中の石を握り締めて、

”今に見てろよ~”

などと思うのでありました。

というのも、その時すでに着々と準備していて、
その後で釣り道具屋として独立。
なんとか生活が成り立ちましたので、
神様の石が支えてくださったと感謝しております。

で、神様の石は荘川方面の産ですので、
庄川に釣りに行く前にお参りしていくと、
必ず魚を釣らせてくれます。
ありがたや~

また息子が大学受験のときに、
神様の石をバッグの中に忍ばせて、
休憩時間に神様の石をさすっていたところ、
不思議に心落ち着いて取り組むことができ、
息子は見事に第一志望に合格という、
親子ともどもにお世話になっている、
我が家の家宝なのであります。
ありがたや~




というわけで今回は、
出掛けの準備はすべて万端。

颯爽と員弁川に到着して、

まずは10時ごろから最初のポイントに突撃…
アレッ、なにもなし。

次は12時ごろから二つ目のポイントに突撃…
オヤッ、やっぱりなにもなし。

最後は3時頃から三つ目のポイントに突撃…
クソッ、最初の瀬はなにもなし。

次の瀬で良型ヒット…
ジャンプしてバレル。
ちょっと休ませてもう1回やってみると、
ゴンと来てから切られてしまった。

最初の瀬に戻って、
システムを変えて流してみると、
これもゴンと来て、
5分ぐらいのやりとりでバレテしまった。

そのまま釣り下って、
最後の瀬でまたゴツンときて、
これはネットイン寸前でバレテしまった。
おまけにこのときは対岸で地元名人のYさんが見ておられて、
Yさんの前でバラシテしまったので、
ちょっと恥ずかしかった。

結局、夕方の5時ぐらいまでやって、
4発ヒットして、4バラシという、
ちょっと情けない結果だったのだけど、
心の中は晴々としていて、

だって、ずっとボーズ街道まっしぐらだったのに、
ちょっと攻め方を変えただけで4発ヒットだから、
これはやはり三種の神器のおかけでしょう。

バラシタ原因はちゃんと分かっておりますので、
次回はそこのところを改良して、
もう一度、突撃予定です。

次は釣れるかな。

-道具屋オヤジの釣り日記-
道具屋オヤジの釣り日記はこちら




METZ(メッツハックル)、コックネックのブラックとクリームのご紹介。

メッツハックルのコックネックで、
ナチュラルブラック、ダイドブラック、
クリームが各1枚づつございます。

左がナチュラルブラックの#2、
真ん中がダイドブラックの#3、
右がクリームの#2となります。

-ナチュラルブラック-
ナチュラルブラックはとても珍しい色で、
めったに入荷しません。

この後にご紹介するダイドのブラックとは、
一味ちがっていて、
自然な色合いとなります。

ベテランの皆様は、
このナチュラルのブラックの風合いを好まれる方が多く、
ということは、
やはり釣れるカラーなのでしょう。

スキンの部分が黒く染まっていないので、
ナチュラルであることがお分かりいただけると思います。

◎ メッツ コックネック ナチュラルブラック #2 本体価格12,900円

-ダイドブラック-
ダイドのブラックはいかにも真っ黒。
アントなどに良く使いますが、
黒いハックルをお考えなら、
まずこちらのダイドブラックをオススメします。

何故って?
ダイドのほうがやはり黒いからです。

◎ メッツ コックネック ダイドブラック #3 本体価格9,400円




-クリーム-
クリームと表記されておりますが、
これほど白さが際立つクリームも
めったにございません。

ホワイトはメッツには設定が見当たらず、
またホワイティングですと、くすんだバードが多いので、
なかなか綺麗なホワイトにはお目にかかれません。

ホワイトのハックルをお探しなら、
ぜひこのクリームをお試しください。
巻き上がりがとてもいいですよ。

◎ メッツ コックネック クリーム #2 本体価格12,900円

-通販のご案内-
発送はヤマト便で送料無料。

ご入金は銀行振り込みをお願い申し上げております。

ご注文、お問い合わせは、
電話052-502-4424か、
メール info (at) lasthope.jpまで。

なお携帯の方、およびお急ぎのかたは、
メール lasthope.shinji(at)gmail.com まで。

どうぞお気軽に…。