コイマスター殿、青木川ででっかいニゴイゲット、おめでとう!

コイマスター殿、
青木川でニゴイゲット、おめでとう!

こんなのや、

青木川 ニゴイ
青木川 ニゴイ

こんな良型のニゴイをゲット。

ニゴイは良く引きますので面白かったことでしょう。

それに案外と神経質なところもございますので、
専門で狙ってみると、奥が深い一面がございます。

サイズも大きいのが多いので、
大物狙いの場合の練習相手にもいいですね。

おめでとう!

釣行日:2018/02/25

2018年2月の釣果-
当方HPの2018年2月の釣果はこちら

-2018年度渓流釣り釣果-おまとめ要約ブログ-
2018年度の渓流釣り釣果のおまとめ要約はこちら



SAフライライン、アンプリチュード グランドスラムのご紹介。

SAのフライラインの最高峰、
アンプリチュードのグランドスラムが、
リンク切れしておりましたので、
ご紹介申しあげます。

アンプリチュードは、SAが次世代のテクノロジーとして紹介する、
ASTプラス(AST Plus)を採用したモデル。

従来のASTに比べて50%も滑りやすく、滑りの良さは長い間にわたって
継続します。また耐久性も大幅に向上しており、他のラインに比べて
200%も高い耐久性を実現しております。

こちらが全体画像。
ラインカラーはペールイエロー/サンド/ホライズンと、
トリプルカラードとなります。

SA アンプリチュード グランドスラム
SA アンプリチュード グランドスラム

先端はループつき。

データ表記もございます。

ちなみにグランドスラムとは、
ソルトの三大ターゲット、
ターポン、ボーンフィッシュ、パーミットを1日で釣り上げる、
ソルトウォーターフィッシャーにとって究極の目標。
グランドスラムを達成するために、
フライラインも最高のものを選びたい、
そんなご要望にお答えして開発されたのがこのモデル。

トラブルがとても少ないラインですので、
日本でシイラ、GT、マグロ、シーバスなど、
ソルトの大物を狙われるにもよろしいでしょう。




-SA、アンプリチュード グランドスラム テーパー形状-
テーパーデザインはこんな感じです。

-SA、アンプリチュード グランドスラム 設定番手-
◎設定番手-WF6、7、8、9、10、11、12
◎ラインカラー ペールイエロー/サンド/ホライズンのみとなります。

-お試し価格-
このラインはお試し価格適用で本体価格13,120円となります。
2本以上の場合にはさらにお値打ち、詳細はお問い合わせください。

この商品の発送は、ヤマトのネコポス便で送料無料。
銀行振り込みをお願い申しあげております。

ご注文、お問い合わせは、
電話052-502-4424か、
メール info (at) lasthope.jpまで。

なお携帯の方、およびお急ぎのかたは、
メール lasthope.shinji(at)gmail.com まで。

どうぞお気軽に…。

-他のラインをお探しなら-

SAの他のラインはこちら

エアフロラインはこちら

バリスティックラインはこちら

今シーズンのオススメラインはこちら


犀川でブラウントラウト50cmオーバーゲット、おめでとう!高山名人の場合。

岐阜県高山市にお住まいの高山名人、
犀川で2/23にブラウントラウト50cmオーバーゲット、
おめでとう!

犀川 ブラウントラウト 50cmオーバー
犀川 ブラウントラウト 50cmオーバー

素晴らしいサイズですね。
おまけにとても綺麗な魚体。
犀川のブラウンは、天然物ばかりですので、
美しい魚が多いですね。

メスかな?
オスかな?

ちょっとだけシャープな顔つきですが、
なんとなく丸みを帯びておりますので、
やはりメスかな?
どちらが釣れても嬉しいですね。

この魚、
ジャンプを繰り返してなかなか寄って来なかったとか。
いいファイトでうらやましぃ~

ちなみにこの魚も得意のウェットでゲットされたとのこと。
高山名人は、今でこそウェットフライ使いの名手ですが、
最初はさっぱり釣れなかったとか。
そこでどうされたかというと…




-高山名人はどうやって釣れない状況を克服したか-
殆どのフライフィッシャーは、
ドライフライをひととおり使ってからウェットフライに進まれます。
ところが、ウェットフライって案外難しいですね。
フライの位置を確認できないし、アタリも良くわからない。
あれこれと悪戦苦闘したあげく、結局はドライに戻ってしまう方も
多いようです。

けれども、高山名人はそこで諦めなかった。
ウェットフライを使う時はウェットだけと決めて、
ドライにはまったく手を出さず、
結果が出なくてもウェットフライを使い続けたとのこと。
覚悟が違いますね。
ご立派です。

皆様も、ウェットフライを使い始めたら、
たとえボーズが続いても、
ドライには手を出さないほうがよろしいですよ。
ずっと使い続けておられますと、
ある日、突然釣れるようになりますから、
そこまで我慢ができるかどうかが、
その後の展開の分かれ目になります。

ウェットフライの道を志す皆様、
がんばってね。

-ウェットフライのオススメパターン-
当方のオススメウェットフライはこちら

-2018年2月の釣果-
当方HPの2018年2月の釣果はこちら

-2018年道具屋オヤジの釣り日記-
道具屋オヤジの釣り日記はこちら

-2018年度渓流釣り釣果-おまとめ要約ブログ-
2018年度の渓流釣り釣果のおまとめ要約はこちら