お正月はめで鯛エビスビールで乾杯

今日は12/31。
いよいよ暮れも押し詰まってきましたね。

今朝はちょっとだけ店の掃除と、
帰ってから自宅の掃除をして、
あとはのんびりしております。

まったりしておりますと、
なんだか飲みたくなってきますが、
暮れの大晦日とお正月だけは、
明るいうちから飲んでもかまわない。
などと決めておりますので、
先日、ご常連のH様から頂戴した、
エビスビールをプシュッとしました。

お正月用のおめでたいパッケージですね。
めで鯛エビスビールが、さらにおめでたい装いです。

道具屋オヤジはエビスビールが大好きで、
深いコクがあってとてもうまい、
と思っておりますので、
エビスがあるときはこれを飲んでおります。

それにエビスビールは釣り人にとって、
とても縁起がよいデザインです。

えびす様が右手で釣竿持って、
釣った鯛を左手で抱える。
こんな素晴しいデザインのビールって、
世界中の何処を探しても出てこないでしょう。

エビスビールはいわば、
釣り人ご用達のビールです。





————————-

ところでこれはエビスビールの醸造元、
サッポロビールのHPですが、

ラッキーエビスというものがあって、
左の画像のように、
えびす様の鯛がもう1匹増えているものがございます。

ラッキーエビス

ただ、
ラッキーエビスは缶ビールにはなく、
瓶ビールに存在するラベルで、
出会う確率は数百分の一とか。
けっこう珍しいラッキーエビス様ですが、
かって一度だけお目にかかったことがございます。

というのも、
常連のF様のお友達が、
名古屋市内の栄で料理屋さんを経営しておられて、
たまたまお正月が近かった時に伺って、
何か縁起の良いものでもと振ってみたところ、
取り出してこられたのがラッキーエビス。

料理屋さんでもめったにお目にかかれない、
ラッキーエビスですといわれて、
栓を抜かずにそのまま持ち帰って、
自宅でおめでたい時に飲みました。

味はもちろん普通のエビスビールと変わりませんが、
特別な日に飲んだせいか、
特別に美味しかった記憶があるのですが、
まぁ、今から10年以上も前の話ですので、
味わいの記憶は定かではなく、
珍しいエビス様として覚えております。

で、それ以降は一度もラッキーエビス様に
お目にかかったことがございませんので、
やはり出会う確率は少ないものでしょうね。

もっとも、
エビスビールを買うときは、
ついつい缶ビールに手が出てしまうので、
来年はぜひ、瓶ビールを飲んでみたいと思います。

見事にラッキーエビス様に出会ったら、
爆釣祈願の成就、
皆様にもお裾分けで、
画像をご紹介申し上げましょうね。

明日のお正月も、
めで鯛エビスビールで乾杯。

来年もどうぞ釣れますように…。




—————————–

-蛇足-

ちなみにこれはラッキーエビス缶の画像ですが、
かってエビスビール120周年記念で、
2010年に限定缶が発売されたそうです。

ラッキーエビス缶

あいにく入手することができなかったのですが、
もう一度、やってくれませんかねぇ。
ぜひ購入したいと思うのですが…。

まだ間に合う、年末ジャンボ宝くじの神頼み

毎年恒例の年末ジャンボ宝くじが、
庶民のはかない夢をのせて、
大晦日の12/31に当選番号の発表となります。

今年の年末ジャンボ宝くじは、
一等が7億円、前後賞が1億5000万円ずつの
あわせて10億円。

10億円って、想像ができないほどの金額ですが、
見事に当選したら、
まずは住宅ローンを繰り上げ返済して、
それからたまには焼肉でも食べに行って、
それからそれから…
う~ん、ちっとも減らん。
10億って凄いなぁ。
やっぱ買うしかないでしょ。

というわけで、
道具屋おやじの家でも、
年末ジャンボの購入は定例行事となりましたので、
先日の定休日に名古屋駅前のチャンスセンターに突撃。

この日は大安とかで、
今まで見たことのない混雑ぶり。
名鉄百貨店のずっと先まで行列が伸びていて、
げっそりするほどの長さでしたが、
無事に何枚かゲット。
あとは抽選日を待つばかりですが…。

年末ジャンボを購入したあとは、
それで何もせずに抽選日をむかえるのではなく、
おやじは嫁といっしょに神頼みに伺います。

だって何もせずにいるのなんて、
ちょっともったいないでしょ。
どうせなら神様におすがりしたほうが、
すこしでも当選確率があがるかもね。




——————————

そう思ってある時、
名古屋近郊の金運神社で検索しますと、
一番最初にヒットするのがこちら、
山田天満宮の金(こがね)神社です。

山田天満宮

こちらは”銭洗い”で有名ですので、

まずはお参りして、

金(こがね)神社で年末ジャンボ宝くじの神頼み
金(こがね)神社で年末ジャンボ宝くじの神頼み

そのあとは備え付けのざるに宝くじを入れて、
(蛇足ですがおいらは宝くじが濡れないように
チャック付きの袋を持参します)
宝くじを洗います。

えびす様と大黒様で銭洗い

洗い方はざるの中に宝くじやお賽銭、財布などを入れて、
えびす様と大黒様に三度づつご神水おかけして、
流れ出してきたご神水で洗います。

あとは当選を祈るだけ。

当選お礼の報告もけっこうありますので、
なんだか心強いですね。

当選御礼

さて本日は12/30。
抽選日まであと1日ありますよ。

年末ジャンボ宝くじを購入された皆様、
まだ間に合いますので、
ぜひ行かれたらいかがでしょう。

お参りしたおかげで見事に当選なさったら、
ぜひオヤジにもお裾分け、
お願いしま~す。

山田天満宮は大曽根駅から徒歩10分ほど。
駐車場もありますが、この時期は混雑しますので、
JRか地下鉄利用のほうがよろしいかも。

初詣も混雑しますので、
公共交通機関のご利用をオススメします。




SIMMS(シムス)のヘッドウォーターボアビブラムは、 軽くて最高!

SIMMS(シムス)の2018年度ニューモデル、
HEADWATERS BOA ヘッドウォーター ボアの
ビブラムモデルが入荷しましたので、
シムスファンの皆様にご紹介申し上げましょう。

SIMMS(シムス)ヘッドウォーター ボア ビブラム

ヘッドウォーターのシューズは前からあって、
日本人の足にも良く馴染むと、
とても好評のモデルですが、

それが今回、ボアシステムを採用したことによって、
さらに人気が上がること間違いなしといえましょう。

道具屋オヤジもかれこれ4年ほど、
ボアシステムのついた、
リバーテックのシューズを使っておりますが、
ボアは簡単に締めたり緩めたりができますので、

雨の日にすばやく着替えたり、
あるいは朝イチに誰よりも早く入渓したい時、
あるいはイブニングが終わって、
とっとと家に帰りたい時などに、
本当に重宝します。

また、懸念されたトラブル、
たとえば錆びついてワイヤー切れを起こすことなども、
ほとんどなく、
リペアキットもご用意してあるのですが、
めったに売れることがございません。

ボアシステムは、
すでにスノーボードやゴルフシューズにも実績がございますので、
ウェーディングシューズに採用しても、
大きな問題はないと思っていただいて間違いないでしょう。





————————————————–

さて前置きが長くなりましたが、
右側がヘッドウォーター ボアの前面の画像。
採用した生地が皮っぽくて、
ずいぶんカッコ良くなりましたね。

左がモデルチェンジで廃盤のリバーテック2。
こちらも人気モデルでしたが、
両者を比較しますと、
やはりヘッドウォーター ボアのほうが、
デザインがさらに洗練されております。

SIMMS HEADWATERS BOA (右)

これは横から見たところ、
メインのステッチは三重ですので、
これなら充分に強度を保てますね。

ビブラム底はこんな感じ。
右がヘッドウォーター ボア
左が旧モデルのリバーテック2となります。

ビブラム底も年々進化しておりますが、
やはりそのままのご使用はちょっと心配。
滑りやすい日本の渓流でお使いになるのでしたら、
ぜひ滑り止めのハードバイトクリーツや、
アルミバイトクリーツをお使い下さい。

クリーツ類をお使いになると、
フェルトのタイプよりも滑りにくくなりますので、
オヤジもずっと使っております。

それにクリーツをセットすると、
ビブラム底が減りにくくなりますので、
シューズ全体が寿命を迎えるまで、
靴底の張替えの手間がなくなります。
むしろこのほうが、
コスパに優れているといえるでしょう。

なお、新しいビブラム底を採用したおかげなのか、
詳細はわかりませんが、
旧モデルのリバーテック2と比較しますと、
ニューモデルのヘッドウォーター ボアは、
ずいぶん軽くなっております。

ビブラム底は重いと思っておられる皆様、
今回のニューモデルはとても軽くなっておりますので、
ぜひ一度、お試しくださいね。

◎シムス ヘッドウォーター ボア ビブラム
#7~11 本体価格27,000円
#12以上はお問い合わせください。
フェルトタイプも近日入荷予定です。

この商品の発送は、ヤマト便で送料無料。
銀行振り込みと代引きもOK。
代引き手数料も当方負担で構いません。

ご注文、お問い合わせは、
電話052-502-4424か、
メール info (at) lasthope.jpまで。

なお携帯の方、お急ぎの方は、
メール lasthope.shinji(at)gmail.com まで。
どうぞお気軽に…。

-シムスの他の商品をお探しなら-
2018年度のシムスのオススメ商品はこちらに要約