朝ラーはネギラーで。

道具屋オヤジは、
たまに朝から無性にラーメンを食べたくなります。
特に前日の疲れを引きずっているときはねぇ~
ガッツリとラーメンいって、
今日も仕事をがんばらなくては、
などと思ったりします。

ただ名古屋って、
なかなか朝早くからやっているラーメン屋さんが
ありませんので、
朝ラーなんて言葉も、めったにみかけません。

関東方面や静岡方面では、
すでに朝ラーは一般的になりつつありますので、
名古屋でも朝ラーをやっている店がないかなぁ、
などと思っていたのですが、
それが実は家から車で10分位のところにありました。

というのも、
最近は員弁川に通うのに、
美味しい多度のみかんを買うために、
高速道路を飛ばすのではなく、
一般道でのんびりと行くのですが、

お昼時間になると、
めちゃくちゃ混んでいるラーメン屋さんが
津島市内にあって、
その前を通って多度方面に行くのですが、
実はその店が朝の9時から営業しておりました。

お昼の混雑は半端ではないほどで、
よく売り切れの看板を出しておられます。
ということは、よっぽど美味しいのでしょうね。

というわけで、
先日のこと、
なんだか朝からメチャクチャお腹がすいていたので、
朝の9時にそのお店に突撃しました。
津島市のラーメンショップさんです。

ここの名物はネギラーメンですので、
さっそくネギラーメンの麺かためをお願いします。

ここはお水はセルフサービスになっていて、
ラーメン類を頼むと、
ご飯も一杯セルフサービスで、
自分でよそって食べることができます。




これがメニューです。
一番人気は看板メニューのネギラーメンですが、
チャーシュー丼のセットもボリュームがあって、
人気が高いお値打ちメニューです。

待つことしばし、
お水とご飯をよそって待っておりますと、
やがてネギラーメン登場。

まずはスープをゴクリ。
スッキリ系のスープですが、
味わいが深くてとても美味しい。
これだけでオイラはもう充分です。
麺もしっかりとしていて、いいですね。
あっという間に完食しました。

で、朝ラーでネギラーしたあとは、
元気一杯で仕事に取り掛かるのですが、
ちょっと問題があって、
サービス業なのにネギの匂いがプンプンしては、
お客様に申し訳ありません。

そこで、匂い消し代わりに、
口臭予防のガムをクチャクチャしております。
ご貴殿がご来店くださったときに、
口をもごもごさせておりましたら、
どうぞ笑って見逃してやってくださいね。




紅葉名所、祖父江のイチョウ

昨日の定休日は、祖父江のイチョウを見に行きました。
祖父江はたくさんのイチョウの木が植えられていて、
この季節には町全体が黄色く染まります。

タイミングがあうと、
まるで黄色のじゅうたんが敷き詰められているようで、
とても綺麗な光景が目を楽しませてくれます。

ただ、ちょっと遅かったかなぁ。

イチョウの葉が黄色く色づくのは、
だいたい11月末ぐらいまでのことで、
それ以降はちょっと色褪せてクスンでしまいます。

黄色くなったイチョウの葉も、
落葉してだんだん少なくなってしまい、
それが季節風で飛ばされたり、
お世話をする方が掃き固めたりしますので、
12月に入りますと、
黄色いじゅうたんもところどころ剥げてしまって、
全面が黄色いじゅうたん、
というわけにはまいりません。

祖父江の町内に入ってから、
しばらく車を走らせては、
良い光景を探したのですが、
最初はこんな感じばかりで、
なかなか、これはという風景に出会えませんでした。

祖父江のイチョウ

でも諦めずに探しておりますと、
1箇所だけ良さげな場所を見つけました。

近寄ってみますと、
おおっ、これなら全面に敷き詰められております。
黄色いじゅうたんですね。

祖父江の黄色いじゅうたん

色がちょっと薄いのは、
行ったのが12/11ですのでしょうがないところ。
11月中旬から下旬ですと、
もっと鮮やかな黄色で、
それはそれは素晴しいですよ。

でもね、
落葉したイチョウの木が、
なんだか初冬の物悲しさを醸し出していて、
これはこれでいいんでないかい、
などと思ってしまいます。

盛りを過ぎた自分の人生を映し出しているようで、
むしろこのほうがいいかも…。

こういう風景を見ますと、
来年は盛期の11月半ばに来るか、
それとも盛りを過ぎた12月に入ってから来るか、
ちょっと迷ってしまいますね。




————

で、その後は、
祖父江町の体育館前にあるうどん屋さん、
田む呂さんに伺いました。

祖父江町の田む呂

ここは幅広の帯きしめんが有名ですので、
さっそくそれを注文。

帯きしめんは作るのに手間が掛かるらしく、
 ”15分ほどお待ちください”
と店員さんにいわれましたが、
普段は待つのが苦手な道具屋おやじでも、
これは美味しいので、
待つのがまったく苦になりません。

やがて運ばれてきたのが、
嫁が頼んだカツカレーと
おやじが頼んだあんかけ海鮮。

帯きしめんのカツカレーとあんかけ海鮮

どれだけ幅広か、
試しに嫁に持ち上げてもらうとこんな感じ。

ね、凄いでしょ。

幅広の帯きしめん

さっそく食べてみますと、
麺はもっちもちでとても旨い。

こんなに幅広ですと、
麺の一部は腰がなくなって、
柔らかいのじゃないかと思うのですが、
毎回、それは杞憂に終わります。

今回も最後までもちもちで、
とっても美味しくいただきました。

ご馳走さま~