小島直明様、スコットGS772/4でヤマメ27cm、イワナ29cmゲット、おめでとう!

小島直明様、
先日ご購入いただいたスコットGS772/4で、
宮城県近郊河川に釣行されて、
ヤマメ27cmゲット、
おめでとう!

2018/07/28 ヤマメ27cm 小島様
2018/07/28 ヤマメ27cm 小島様

良いサイズですね、
無事に入魂式、おめでとう!

ちなみに今回のヒットフライは、
当方オリジナル #12 ムネアカパラシュート
中部地方のヒットフライですが、
東北でもお役に立つことができました。

毎度ありぃ~




またイワナも29cmゲット、
おめでとう!

2018/07/28 イワナ29cm 小島様
2018/07/28 イワナ29cm 小島様

こちらも良いサイズ、
良かったね。

釣行日:2018/07/28

-2018年7月の釣果-
2018年7月の当方HPの釣果はこちら

-2018年度渓流釣り釣果-おまとめ要約ブログ-
2018年度の渓流釣り釣果のおまとめ要約はこちら




スコットGS772/4がお嫁に行きますので。

スコットのニューモデル、
GS772/4、7’7″#2 4p がお嫁に行きますので、
ただいま各部のチェック中。

スコットフライロッド GS772/4 7'7"#2 4p
スコットフライロッド GS772/4 7’7″#2 4p

道具屋オヤジはG2の772/4を良く使っておりますが、
ニューモデルのGSになってもアクションは殆どかわりません。
重量的にはちょっと軽くなった感じですので、
従来どおり、妙なクセもなく、使いやすいロッドです。

この季節はちょっと狭い藪にもぐりこんでいくことが多いため、
ロッドを振り難い場所でキャスティングが失敗しても良いように、
軽いラインが必需品。

ポイントの形状によって、
この772/4と、F2 602/3を使い分けており、
藪といっても多少はキャスティングできるのなら772/4を、
まったく振るのが難しく、
しゃがみこんでのキャストを多用するときはF2 602/3をと、
入渓ポイントによって使い分けるため、
両方持って行っております。




- スコット GS772/4 リールシート -

こちらがリールシート周り。
スコットの定番、
先端が圧縮コルク仕上げのグリップに、
ブラックのキャップ&リングを採用。
軽量化に貢献しております。

- スコット GS772/4 ジョイント-

ジョイント部はスコットの命。
スコットの代名詞ともいえるインターナルフェルールに、
方向あわせのドットが入っております。

-スコット GS772/4 全体画像-

こちらが全体画像。
アルミケース、竿袋、正規品の保証書が付属。
またGSにはお好きなラインを1本プレゼント。
エアフロのジャパンスペシャルが相性が良く、
道具屋オヤジもよく使っておりますよ。

チェック終了で無事に東北のK様の元にお嫁に行きました。
頑張ってこいよ~

◎ スコット GS772/4 7’7″ #2 4p 本体価格98,000円
  お好きなラインを1本プレゼント

スコットの他のモデルはこちらをどうぞ

-通販のご案内-

この商品の発送は、ヤマト便で送料無料。
銀行振込みと代引きも大丈夫。
代引き手数料も当方負担でかまいません。
カードもOKですよ。

ご注文、お問い合わせは、
電話052-502-4424か、
メール info (at) lasthope.jpまで。

携帯の方、およびお急ぎのかたは、
メール lasthope.shinji(at)gmail.com まで。
どうぞお気軽に…。




庄川支流で遡上ヤマメ狙い、Y様と。

今週の木曜日(7/26)は、
Y様を庄川支流へご案内。

先日の大雨で庄川のある支流には、
ダム差しの大型ヤマメが遡上してきております。

これが実にカッコイイ。

尻尾がシャキーンとしていて、
とても絵になるヤマメです。
おまけにサイズも良く、尺クラスも稀ではありませんので、
この日は8時スタートで、大物がつくポイントを、
順番に釣っていただきました。

狙うポイントとしては、
プールの流れ込みからヒラキにかけてがメインですが、
遡上してきたヤマメが脇の流れで休憩していることもありますので、
流れ込みの脇の巻きの部分も見逃せないポイントになります。

やがて、1時間半ぐらい釣り上がったところで、
Y様、見事にヒット!
ヒレピンの素晴らしいヤマメ、銀ピカですね。

 2018/07/26 庄川 遡上ヤマメ28cm Y様
2018/07/26 庄川 遡上ヤマメ28cm Y様

ちょっとアップにしてみました。
尻尾の形が凄いですね。
こんなシャキッとした尻尾が、
遡上ヤマメの特徴です。
28cmありました。

ヒットフライは当方オリジナル、
#11 マイスター ブラックです。
このパターンは先日もK様が尺ヤマメをヒットされたパターンで、
この川のアタリフライとなっております。

その後は12時過ぎまで釣り上がって終了。
さらに何発か出てくれたのですが、
暑さのせいか今一歩食いが悪く、
バレたり、フライを見に来ただけで終わってしまいました。
でも大きな魚の姿が何本か見えましたので、
Y様の実力なら、
通っていただくと近日中に尺クラスに手が届くことでしょう。




その後は涼しい木陰で2時間ほど休憩してから、
大型のイワナのポイントをいくつかご紹介。

ただこの日は木曜日なのに他の釣り人の姿が多くて、
なかなか狙ったポイントに入れません。

なんとか空いている隙間にご案内して、
尺イワナのポイントを3つほど試していただいたのですが、
残念ながら本日はお留守。
すでに先行者があったようで、
通常サイズのイワナの反応もあまり良くありません。

それでもさすがにY様はベテランだけあって、
イワナ狙いはお手のもの。
何本かヒットしていただけました。

これは途中でヒットしたイワナですが、
日中の魚としてはまぁまぁのサイズです。
渋い状況ですから、悪くありませんね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

で最後は、いつもの大物専用プールでライズを待ったのですが、
この日は昼間のスローの展開がそのまま続いたようで、
ライズもおとなしいまま。

それでも何回かフライに出てくれたのですが、
フッキングに持ち込むことはできませんでした。

ただ魚はいますので、
ちょっと雨が降ったりして状況が変わってくれれば、
また大きなイワナも顔を出してくれるでしょう。

また、最初に釣り上がった遡上ヤマメの支流は、
相当数が入っておりますので、
暑いのさえ我慢していただければ、
まっ昼間に大きなヤマメが出てきますので、
暑さ対策をしっかりしてお出かけいただくとよろしいでしょう。

というわけで、
尺イワナのチャレンジガイドは好評受付中。
詳細はこちらをどうぞ。

-2018年7月の釣果-
2018年7月の当方HPの釣果はこちら

-2018年度渓流釣り釣果-おまとめ要約ブログ-
2018年度の渓流釣り釣果のおまとめ要約はこちら