新規開拓も楽じゃない…。

今週の定休日(9/03)は、
久し振りに長良川の源流域に突撃。

先の大雨の影響で、
国道156号はいまだに大きな工事を2か所で行っており、
そのうちの1か所は、片側交互通行となっております。

当然、周辺の支流も無傷な筈はありませんので、
取っておきの尺イワナポイントがどうなったのか、
確かめに行ったのですが…。

行かなきゃよかった、
大事な尺イワナポイントはなくなっておりました。

まぁ、大雨による増水は自然の営みの一つですので、
誰にも文句をいうことはできませんが、
オイラの大事な尺イワナポイントは、
復旧工事の影響か、見るも無残な状態になっており、
またその工事がこのあともずっと続きそうですので、
しばらくはこのポイントで、
尺イワナにお目にかかることができません。
本当に残念です。




けれども、がっかりばかりもしていられません。
手の内の引き出しが一つ減ってしまったのですから、
このまま補充できずに尻すぼみになってはいけませんので、
すぐに気を取り直して、
いつも釣行のたびに持参する国土地理院の地図とにらめっこ。
今までやったことがない区間を試してみることにしました。

やって来たのはこんな渓流、
フライ向きの穏やかな流れで、
良型のアマゴとイワナが潜んでいるはずです。

ところが、
3時過ぎに入渓して、
1時間やっても2時間やっても、
まったく反応がない。

おまけに、
ちょっと緩い流れにフライが差し掛かると、
茶色いあの子と銀色のあの子が釣れてしまって、
(茶色の子はカワムツ、銀色の子はシラハエ、
などと呼ばれているかも)

これは川の選択をミスったかなぁ?

もう夕方の5時を過ぎていて、
いまさらポイント移動もできないし、
とりあえず脱渓点まで目指すことにしました。

やがて、さらに1時間ほど釣りあがったところで、
まぁまぁのサイズのイワナをゲット。
危うくボーズになるところでした。

2018/09/03 長良川 イワナ
2018/09/03 長良川 イワナ

最後にもう1匹、綺麗なアマゴをゲットしたところで、
ようやく脱渓点に到着。
もうあたりはすっかり薄暗くなっておりました。

4時間近くかかってイワナとアマゴが1匹づつとは…。
新規開拓も楽じゃありませんね。

でもフライフィッシングを始めた40年前は、
何も情報がないため、国土地理院の地図を片手に、
こうやって、あの川、この渓と釣り歩いたものでした。

昔を思い出して、
いい流れに巡り合うまで、
しばらくは新規開拓で頑張ってみましょう。

釣行日:2018/09/03
ヒットフライ:#13 キハダ

-2018年9月の釣果-
2018年9月の当方HPの釣果はこちら

-尺サロン-
尺物の釣果を集めたページはこちら

-2018年度渓流釣り釣果-おまとめ要約ブログ-
2018年度の渓流釣り釣果のおまとめ要約はこちら




さらばドクターペッパー。

今週の定休日(8/27)は、
アサイチはヤボ用があって出れなかったので、
12時過ぎに庄川支流の馴染みの流れに到着。

ところが、
禁漁を控えているためか、
どのポイントも先行者があって入れない。

しょうがないので別の支流を狙って、
まぁまぁのサイズのヤマメをゲット。

その後は、
イブニングに備えて大物のポイントに突撃。

夕方の4時過ぎに到着して、
ちょっと早いかなぁと思いつつ、
自分が先行者になったらどうなるか試してみようと、
1時間ほど釣り上がってみた。

けれども、
まったく反応がない。
水量がちょっと多めで、
条件は悪くないのだけれど、
どのポイントも沈黙してしまう。

でもこれは思惑どおりで、
とりあえずこれで先行者の役割はOKなので、
元の場所に戻って、6時過ぎから入ってみると、
同じポイントを釣り上がって、
今度は26cmのイワナを頭に5本ゲット。

1時間の差が釣果を生むとは、
やはりこれは夕方狙いのメリットですね。
昼間に同じことをやっても、
たぶん2ラウンドともボーズだったでしょう。

自分が先行者になってのひとり時間差攻撃は、
まぁまぁうまくいきました。

で、肝心のイブニングですが、
フライが見えなくなるまで頑張ったものの、
まったく音沙汰なし。

お盆休みの間に釣りきられてしまったのか、
ちょっと残念ですね。




ところで話しは変わりますが、
おいらはドクターペッパーが好きで、
どこかで見かけるとついつい買ってしまいます。

新婚旅行でアメリカに行ったとき、
ロスの街中でこれを見つけて、
恐る恐る飲んだのですが、
甘ったるい感じが虜になってしまい、
以来、日本でも自販機に入っていると、
つい手が伸びてしまいます。

荘川町のある自販機にもこれが入っていて、
庄川に釣りに来るたびに買って飲んでおりますが、
今夜もやっぱり買ってしまいました。

冷たい缶を手にしつつ、自販機の前で反省会。

さぁてと…。

本日はあまりにも釣果が悪く、
大物はまったく気配がなかった。

またこの後も禁漁間際まで、
土日といわず平日といわず、
庄川の各支流は大勢の釣り人で賑わうこと間違いなし。

来週また来ても、
きっと先行者だらけで、
入渓ポイントにすら近寄れないかもしれない。
うまくポイントに入れたとしても、
時間差攻撃さえうまくいかないかもしれない。

そう考えて、
庄川釣行は本日で最後にしましょう。
来週からは長良の各支流を攻めることにしました。

というわけで庄川のドクターペッパーとは、
しばらくお別れ。

さらばドクターペッパー、
また来年くるからね。

釣行日:2018/08/27
ヒットフライ:#13キハダ

-2018年8月の釣果-
2018年8月の当方HPの釣果はこちら

-釣り日記-
道具屋オヤジの釣り日記はこちら

-2018年度渓流釣り釣果-おまとめ要約ブログ-
2018年度の渓流釣り釣果のおまとめ要約はこちら




お盆の後は、やっぱり厳しい…。

今週の定休日(8/20)は早朝から突撃。
久し振りに自分の釣りをしようと、
前からあたためていたネタを確かめに、
庄川の本流に入渓。

ところが…
7時前に流れに降り立って、
ちょっとづつ釣り上がって行きますと、
なんと上流側からルアーマンが釣り下がって来た。

休み明けの月曜の朝なのに、
それはないよと思っておりますと、
こちらの存在を知ってか知らずか、
どんどん釣り下がってくる。
ついにあと数mのところで鉢合わせ。

しょうがないのでこのポイントは諦めて、
いつもの渓の最源流を攻めることにした。

けれども…
1時間釣り上がっても、
2時間釣り上がっても、
魚の反応がまったくない。

先行者の足跡だらけで、
お盆休みの期間中は相当に攻められたのでしょう。
川の中の魚全部の存在が、
何処かに消えてしまったかのよう。

おまけに…
対岸の薮の中から、バキバキ、ピキピキと、
いや~な物音が…。

気になって釣る手を止めると、
一時、音は止むのだけど、
しばらくするとまたバキバキ。

後をつけられているような感じがして、
とっとと竿をたたんで車に戻りました。

バキバキ物音たてた相手は、
帰り道で見たこんな栗を拾いに来たのかな。

車に戻ってご飯を食べた後は、
朝が早かったので16時まで昼寝。

16時過ぎに起き出して、
もう一度、庄川の本流を試したのだけど気配なし。

そこで、支流のひとつにもぐりこんで、
18時過ぎから釣り上がってみますと、
最初はまったく反応がなかったものの、
30分ぐらい経過して、薄暗くなってきてから
ポツリポツリとイワナの反応が出だした。

昼間に使うアント系のパターンから、
イブニングに見やすい#13キハダにチェンジして、
プールの流れ込みを流していると、
ようやく良型のイワナがヒット!

2018/08/20 庄川 イワナ30cm 店主
2018/08/20 庄川 イワナ30cm 店主

ぎりぎりの尺サイズでしたが、
危うくボーズになりそうでしたので、
とりあえずほっとしました。

やはりお盆の休み明けは厳しいですね。
相当、釣り荒れております。

とはいっても、
前日に同じように釣り上がったご常連の水野様、
尺イワナを2本釣ってこられましたので、
まだまだ魚はおります。

ただ、水野様も言っておられましたが、
暗くならないと反応しないほどに厳しい状況ですので、
懐中電灯の乾電池の残量を確かめてから釣行されると
よろしいでしょう。

釣行日:2018/08/20
ヒットフライ:#13キハダ

-2018年8月の釣果-
2018年8月の当方HPの釣果はこちら

-尺サロン-
尺物の釣果を集めたページはこちら

-2018年度渓流釣り釣果-おまとめ要約ブログ-
2018年度の渓流釣り釣果のおまとめ要約はこちら