孫の一番熱い日。

先週の月曜日(1/11)は、
大事な用事があったので、
休んでしまいました。

祭日ですので、
いつもなら営業するのですが、
ご来店いただいた方、申し訳ありません。

で、その日は何をやっていたかというと、
実は一歳になる孫の誕生日でしたので、
古くからの慣わしを実践するために、
近所の”木曽路”さんを予約しました。

昔からの慣わしとは、

一歳になったら一升分のお餅を用意して、
それをリュックサックのようなかばんに入れて、
背負わせる。

一生分のお餅なので、
食べ物に困らないような意味合いなのかな。

これを背負ってハイハイできたらOK。
生涯に渡ってひもじさとは無縁です。

それから、
そろばんや筆やらを用意して、
それを選ばせる。
たとえばそろばんを選んだら、
商売人向きとか、
お金に困らないとか、
いろんな言い伝えがございます。

で、
木曽路さんが用意してくれたのが、

これがお餅。
縁起の良い紅白のお餅です。




このお餅を黄色いリュックに入れて、
孫に背負わせると、
重いから動くことができず、
わぁわぁ泣いて大騒ぎ。

一升のお餅ですと、
1.5kgぐらいはありますので、
これを背負って、はいはいするのは、
大変だったことでしょう。

とりあえずできたことにして、
泣き止んだ頃を見計らって、
今度は孫の前に幾つかのカードを並べます。

カードには、そろばんとか、お金とか、
筆とかいろんなものがプリントしてあって、
どれを選ぶかによって、
それが将来の方向になるとか。

無事にひとつを引いたところで、イベントは終了。
あとは大人のための酒盛りでした。

ところで、
こういった風習も、
だんだん廃れていくのではと思って、

手伝ってくれた木曽路の仲居さんに、

’こんなイベントはだんだん減って
いくのでしょうね?’

などと伺ってみると、

’いえ、むしろ増えているかもしれません’

とおっしゃるので、
少子化の影響で、一人の孫を大事にする時代なのかな?
などと思うのでありました。

とりあえず、
一番熱い日を通りすぎた孫が、
すくすくと育つのを願うばかりです。

他所様の赤ちゃん達も、
コロナに負けるなよ~




釣った後も美味しいね。

先日、
名古屋港でカサゴやシーバス
爆釣された二宮先生。

釣った魚を馴染みのお寿司屋さんに持ち込んで、

お刺身や、

煮付けや、

から揚げにしてもらって、

法律事務所のスタッフの皆さんと堪能されたとか。

海の魚は釣った後も美味しいですね。

おいらもまた行きたくなっちゃいそうです。




道具屋おやじ特製、’釣れますようにバッキング’を見たことある?

コロナの影響で、
輸入商品の入荷はがた落ち。

特にLOOPのリールは、なかなか店頭に届きません。
事情を考えるとしょうがないんだけどねぇ。

でもお客様は、オーダーしたらすぐに使いたい。
それが釣り人心理というものです。

そこで、
お待ち願える方には道具屋おやじ特製、
’釣れますようにバッキング’ をプレゼント、
させていただいております。

ちょっと見にくいので、
もう少し近寄ってみました。

分かったかな?

特製といっても、
’釣れますように’ シールを貼っただけなんだけどね。

お待ちいただく皆様に、
せめてものお詫びのしるしです。

こちらは出番を待つシール。

バックオーダーを抱えておりますので、
このシールもいずれ旅立つ予定。

お待ちいただいている皆様、
本当に申し訳ありませんが、
もう少しのご猶予をお願い申し上げます。