スズメバチ大作戦-焼酎編。

-スズメバチ大作戦-焼酎編-

最近になって、体力、気力ともに、
ずいぶん衰えてしまった道具屋おやじ。
何をするにも元気がなく、
残り火のような精神力で、
ようやく仕事をこなしている有様で、

これでは何のために生きているのだろう?

そんなことを自問する日々が続いているのでありますが…

先日、
嫁が4~5日の間、家を空けていたので、
暇にまかせてネットをあちこち検索しておりますと、

”スズメバチが効くようです”

そんな記事に出会いました。

記事元は週間文春オンラインの過去のもので、
https://bunshun.jp/articles/-/12475?page=2

ちょっと引用してみますと、

「長野県飯田市にスズメバチを捕るグループがいて、
焼酎に漬けたり、佃煮にして食しているそうです。
スズメバチ料理を出す『なわのれん』という小料理屋に、
蜂捕り名人たちを呼んでもらうことにしました」

電車を乗り継ぎ、山間の無人駅「伊那八幡」から
しばらく坂道を登っていくと、「なわのれん」に
岡村和興さん(73)と佐藤一俊さん(75)という
名人が待っていた。目に止まったのは、
大量のスズメバチを漬け込んだ焼酎の大きな瓶である。

岡村さんが言う。

「これは生きたままリカーにつけると、
炭酸のようなエキスがジュワーッと出てくる。
ハチが暴れ出して毒を吐くんだね。
87歳で最近亡くなった人は、
毎晩、おちょこ一杯これを飲んで、
土日にはここにハチを食べに来ていた。
80代で愛人が3人いて、顔も体もどえらい元気だった。
杖もつかずに、背筋をピシッと伸ばして歩いとったね」

引用終わり




なんと、80代で愛人3人!!!
凄いぜ!
先日の嫁の留守のときに、
1人も愛人を呼べなかったオイラとは、
大違いだ!

◎嫁が夜逃げしたので、その1

◎嫁が夜逃げしたので、その2

というわけで、
さっそくネット上でオオスズメバチの
焼酎漬けをゲットして、
毎晩、これを飲むことにした。

これがゲットしたオオスズメバチ。

これねぇ、
はっきり言ってグロいです。
ビンの中を見てみると、
エイリアンみたいな奴が、
じっとこっちを睨んでおります。

思わず目を逸らしたくなります。

でもひるんではいけない!

愛人3人!
などと呪文を唱えつつ、
おちょこに入れてグビッと1杯。

それほど生臭いわけでもなく、
なんとなくプロポリスのような
香りが漂っていて、
それほど抵抗なく飲めました。

焼酎を飲みきったら、
残ったハチはカラ揚げか、
甘露煮か佃煮にして食ってやろうかと、
思案中。

いずれここら辺の経緯は、
ユーチューブにアップしますので、
どうぞお楽しみに…。



嫁が夜逃げしたので…その2

前回のその1はこちら

昨夜(1/5)は日曜なので、
営業時間は19時で終了。

近所のイオンの映画館の上映予定をチェックすると、
こんなのがあったので、
さっそくチケットをゲット。

席に着く前にポップコーンを買ったら、
こんなにでっかい!

こんな量、
一人じゃとっても無理でしょと思いつつ、
ポツリ、ポツリと食べておりますと、
あらま、いつの間にか全部食べてしまった。

肝心のスターウォーズはどうかといえば、
シリーズを全作見たわけではないので、
途中のストーリーに分からない所があったけど、
それはそれとして、
面白かった。
もう一度見てもいいなぁ、
という感じでした。

で、
ポップコーンをポリポリしながら、
この後はどうしよう?

鬼のいぬ間の洗濯で、
ちょっと危ないとこへ行ってみるか、
それとも若いねぇちゃんの店へ飲みに行くか、
あるいは一人で焼き肉でもいったるか、
A5ランク、食いまくってやるぅ~

などと考えていたのだけど、
大量のポップコーンを食べたら、
急にお腹いっぱいになっちゃって、
眠くなってしまった。

しょうがないので途中のコンビニで、
焼き鳥とチキンを買って大人しく帰宅。
ビールを飲みつつ、
嫁がレンジの隣に積んだカップラーメンを、
ズルズルとすするのでありました。

これって、
完全に嫁の手の中で転がされてない?
などと思ったのだけど、
まぁ、この夜はポップコーンのせいでしょうがない、
これで勘弁したやるわ。

今夜こそ、
悪い子の遊びしてやるぜ、
と思っているのだけど、
さて、気力がついてくるかどうか…




嫁が夜逃げしたので…その1

朝起きてみると、
隣のベッドに寝ているはずの嫁がいない。

トイレかな?
と思って、
寝室の隣にあるトイレの気配を伺うが、
コソリとも音がしない。

水でも飲みに行ったのかな?
と考えて、
階下のキッチンの様子を伺うが、
ピクリとも動きがない。

しばらく待ってみたが、
全然戻ってこないので、
ひょっとして何処かで倒れているのじゃないか?
と心配になって、
居間や、台所、お風呂場ともう一つのトイレ、
巣立った子供達の部屋を覗いたのだけど、
やっぱり何処にもいない。

嫁の奴、ひょっとして夜逃げでもしたんやろか?
オイラに内緒の借金でもこさえて、
全部オイラに押し付けて、
自分だけ高飛びしよったか?

などと考えていると、
キッチンの電子レンジの脇に、
カップラーメンが幾つか積んである…

ゲゲッ、
これってひょっとして、
これで晩御飯を食べて下さい、
ということやろか?

バッキャロー!

こんなもん食わなくても、
晩御飯ぐらい作ってくれる愛人がちゃんといるわ~
さっそくA子に電話して…

などと考えているところで目が覚めた。

寝ぼけた頭で事の顛末を考えると、

そういえば嫁の奴、
二人目の孫を身ごもったばかりの娘が心配で、
様子を見に行くって言ってたっけ。
娘の旦那もインフルエンザに掛かってしまったので、
しばらく帰って来ないかも…
なんて言いながら、
大きなバッグを抱えていそいそと出て行った…
のを、ようやく思い出した。

というわけで、
今夜から嫁はしばらくいない。

鬼のいぬ間に何か悪いことしてやろ~
などと思ってはみたものの、
愛人どころかガールフレンド一人いないので、
悪いことも思いつかない。

しょうがないので映画でも見に行くか…

その2に続く