さぁ、空気を換えよう、その2。ポーチュガルの4711。

相変わらず、
コロナウィルスの影響は止むことがないねぇ。

悪いニュースばかり伝わってくるので、
日本中が重い空気に包まれている。

当方は釣り道具屋なので、
飲食店のように売り上げがゼロ、
というひどいことはないのだけれど、

やはりご来店客は減少するので、
残念ながら売り上げは落ちますね。
悪い空気が店内を漂っております。

けれども、おかげさまで通販は順調なので、
ご常連の皆様には感謝申し上げます。
毎度ありぃ~

ところで、

バンブーロッドをご注文いただいた、
Y先生がロッドを取りに来られた。

幸いお気に召したようで、
そのままお持ちいただいたのだけれど、

このY先生、

いつも風のように来られては、
風のように去って行かれる。

店の中で長居されることもなく、
サッと来て用事を済まされたら、
サッと立ち去られるので、
立ち居振る舞いがとても粋な方だ。

先日も、
バンブーに合わせるマーキスを取りに来られて、
またサッと去って行かれた。

で、先生の立っておられた場所に
何気なく行ってみると、
なんとなくそこだけイイ香りに包まれていて、
空気がその1m四方だけ華やかになっている。

Y先生、いい香水使っておられるなぁ。
思わず感心してしまった。

オイラが女性なら、
きっと惚れていたところだなぁ、
などと思ってしまったので、
Y先生、きっともてるやろなぁ。
あぁ、うらやましい。

ところでまたまた話は変わりますが、
道具屋おやじも60歳を超えてから、
加齢臭が気になるようになってきた。

できるだけ毎日、
お風呂かシャワーを浴びて、
できるだけ毎日、
髪を洗うようにしているのだけれど、
残念ながら年齢にはかなわない。

自分で気が付かないうちに
いやな臭いが出ているとしたら、
ご来店下さるお客様が引いてしまわれるやろなぁ、
そう思って、
Y先生にならって、
キザにならない程度に、
何か良い匂いのするものでもつけるかと思って、
仕舞い込んでいたこんなものを出してきた。




ポーチュガルの4711、
そうケルンの水です。

若いころからこの柑橘系の香りが好きで、
気分転換したい時に使っていたのだけれど、
こんなのキザだよなぁ、などと思って、
最近ではめったに使うことはなかった。

この小さなボトルを入手したのはちょっと前、
ムーミンのグッズを集めていた頃に、
嫁がバレンタインのお返しにくれたもの。
小さな瓶に入った4711だけど、
使うのがもったいなくて、
ほとんど使わずにしまっておいた。

ただ、
いよいよ加齢臭が気になってきたので、
ちょっとだけ使ってみることにして、
フタを開けたら全然問題なく使える。
7~8年は前の奴のはずなんだけれど、
大丈夫なんだね。
持ちの良さにびっくりした。

久し振りに使う4711は、
あいかわらず柑橘系の匂いが、
清々しい。

Y先生にならって、
ちょっとだけ香るように使ってみようかな。
店内の空気を換えたいからね。

こんなことで日本を覆っている
重い空気が変わることはないのだろうけれど、
すこしでもなんとかしたいよねぇ。

おしゃれさんが多いフライフィッシャーの皆様、
手持ちの香水やコロンを使って、
ちょっとだけでも日本の空気を明るくしてみませんか?

ひょっとして、
さらに皆さんが女性にもてるようになっても、
オイラは関知しませんけれど、
なんとか世の中を明るくしたいよね~

などと、
昔ばなしを絡めて、
取り留めのないひとり言でした。

オービスやセージのデザイナーは、
きっとポーチュガルの愛用者だったかも、
などと道具屋おやじは密かに思ってます。




さぁ、空気を換えよう、その1。二つの4711。

その昔、
といっても30年ほど前だったかな。

うちの店を始めたのが1994年で、
そのちょいと前、
まだサラリーマンだったころの話。

フライロッドメーカーは、
新興のSAGE(セージ)がずいぶん力をつけていた。

道具屋オヤジも、
スコット、ウィンストン、カプラスなど、
いろんなロッドを持っていたのだけれど、
そのころ、一番好きだったのが、
セージの4711LL。

7’11” で #4 指定のこのロッド、
スペックが岐阜の渓流にぴったりで、
しょっちゅう使う大事な相棒だった。

アクションはちょいとしなやかで、
フライをプレゼンするときも、
また魚を掛けてからも、
とても気持ちの良い曲がりをしてくれる。

キャスティングはテンポ良く打って行けるので、
遠いライズを狙う時も、
手前の岩のワキを狙う時も、
とてもリズムが良い。

遠投能力もあって、
堰堤の下や広いプールを狙う時でも、
20ヤードぐらいなら短いフォルスで充分に届くので、
いろんな場面で本当に重宝するロッドだった。

素材のグラファイトⅡの良さが全面に出ていて、
銘竿とはこのロッドのことか、
と思うくらい気に入って使っていた。





ところで、

アメリカのフライロッドメーカーの、
もう一方の雄、
オービスにはセブンイレブンという名竿があって、
これは、オービス特有のどてっとしたアクションが
好きな方にはたまらない魅力だった。

ゆったりと釣るのがお好きな方は、
皆さん、こちらを選ばれたんだよね。

道具屋おやじは、
どちらかといえば切れ味鋭いロッドが好きだったので、
セブンイレブンが流行っていた時にも、
ダイヤモンドバックやゴールデンシャドーを
好んで使っていたのだけれど、
たぶんそれは若くてせっかちだったから、
一刻も早くフライを水面に届けたい、
そんな思いで早めのアクションのロッドに
手が伸びていたのだろう。

けれども、
年を取ってのんびりと釣りたい今となっては、
きっとオービスのセブンイレブンの良さが、
分かってくるのじゃないか、
などと思ったりする。

もちろんセブンイレブンは今はないし、
また若い頃に好きだったセージの4711LLも、
その後はグラファイトⅢに素材が変わって、
がっかりしてしまい、

そのせいか、

店をオープンする時に、
うちはメインをスコットで行こうと思ったので、
手持ちのセージはすべて処分してしまった。

この時の、
店が向かう方向を決めたのが、
良かったかどうかは分からないけれど、

おかげさまで店は今年の6月で、
26周年を迎える。
スコットにもずいぶん可愛いがって
もらっているので、
店の中を流れている空気は、
いまだに創業当時のままで、
ずっと変わることはない。

でもここのところねぇ…

(その2に続きます)



桜の季節ですが…。

今週の定休日(3/30)は、
ヤボ用があって突撃できず。

用事を済ませるために、
名古屋駅の周辺をウロチョロとしております。

これはいつも車を止める地下街のエスカですが、
人通りが少なくて閑散としております。

うっそみたい。

地下街から地上に出て、
JR駅の周辺を歩いておりますと、
これは新幹線から高島屋の方に向かうところですが、
こちらもいつもの1/3も人通りがありません。

こちらも
うっそみたい。

この日は月曜日ですので、
普段ですと出張に向かうサラリーマンで
ごったがえすのですが、
そんな気配もまったくなし。

コロナの影響はずいぶん大きいですね。

経済が立ち直るのに、
何年掛かるのだろう?
人ごみが大嫌いな道具屋おやじでも、
これではちょっと心配になってしまいます。

用事を済ませて自宅近くを走っておりますと、
近所の桜が目につきました。

これはなかなか立派な桜で、
例年ですと花見をする方がおられるのですが、
この日はまったく人影もなし。

やっぱり
うっそみたい。

うちの近所は外出禁止令は出ておりませんが、
それでも皆さん、ひかえておられるのかな?

来年の今頃は、
心穏やかに桜を見たいものですね。