フライタイイングマテリアル、ウィング材に最適、フィンラクーン入荷。

新しいマテリアル、
フィンラクーンが入荷しました。

これはストリーマーなどのウィング材として、
最適なマテリアルで、動きが柔らかく、
マラブーよりもしっかりとしておりますので、
ヒットした魚に噛みちぎられることが少ない、
けっこう頑丈なマテリアルです。

左から、オリーブ、スカルピンオリーブ、
ホワイト、グレーオリーブ、ブラックの順となります。

フィン ラクーン
フィン ラクーン

関東方面からのご注文が多いのですが、
どうやら、中禅寺でストリーマーのウィングに、
こっそりと使われているようです。

そのため、一番人気はグレーオリーブで、
お腹の部分のホワイトも一緒に売れます。
この2色をご選択されるかたが多いのですが、
もちろん背中側をオリーブやブラックにされても、
とってもよろしいでしょう。

-フィン ラクーン価格表-
◎ フィンラクーン 税込み1,944円
設定カラーは、オリーブ、スカルピンオリーブ、ホワイト、
グレーオリーブ、ブラックとなりますが、赤や黄色なども
ご用意可能ですので、他のカラーはお問い合わせくださいませ。

-通販のご案内-
この商品の発送は、ヤマトのネコポス便で送料252円。
銀行振り込みをお願いしております。
なお、合計金額が2,500円以上の場合には、送料無料です。

ご注文、お問い合わせは、
電話052-502-4424か、
メール info (at) lasthope.jpまで。

なお携帯の方、お急ぎの方は、
メール lasthope.shinji(at)gmail.com まで。
どうぞお気軽に…。



LOOP(ループ)フライリール、オプティドライフライがお嫁に行きますので.

ループリールのオプティシーリーズ、
ドライフライが北の大地にお嫁にいきますので、
ただいま各部のチェック中。

こちらが正面から見たところ、
カッコイイですね。

ループ オプティ ドライフライ
ループ オプティ ドライフライ

こちらが裏側、
Lの文字が印象的なモデルです。

こちらが全体画像、
当方取り扱い品はすべて正規品のため、
国内正規品の保証書が付属します。

チェック終了で無事にお嫁に行きました。
北海道で頑張ってこいよ~




ループのオプティシリーズは軽くてドラッグも良く効きます。
大物狙いには最適なリールですね。
オプティーシリーズの各モデルは、
以下をご参照ください。

-ループ オプティシリーズ-
OCR オプティクリーク     WF3+125 本体価格57,600円
ODF オプティドライフライ   WF5+175 本体価格62,100円
ORA オプティラビット     Wf6+200 本体価格64,800円
ORU オプティランナー     WF7+135 本体価格71,100円
OST オプティストライク    WF9+250 本体価格73,800円
OSP オプティスピードランナー WF8+170 本体価格73,800円
OGY オプティジャイアント   WF11+300 本体価格73,800円
OML オプティメガループ    WF12+210 本体価格73,800円
OBG オプティビッグ      WF12+460 本体価格75,600円 
なお、ご希望の方にはバッキングラインサービス、
ご注文時にお申し付けくださいね。

2018年度、当方オススメフライリールはこちら

-通販のご案内-
この商品の発送は、ヤマト便で送料無料。
銀行振り込みと代引きもOK。
代引きは現金、カードどちらでも大丈夫です。

ご注文、お問い合わせは、
電話052-502-4424か、
メール info (at) lasthope.jpまで。

なお携帯の方、お急ぎの方は、
メール lasthope.shinji(at)gmail.com まで。
どうぞお気軽に…。



茶色じゃなきゃダメ。道具屋おやじの釣り日記、渓流編。

今週の定休日(5/21)は、
前回の上流部に突撃。
ただいま長良川支流の一部を、
上から下まで確かめております。

前回はぎょっとするほどの増水でしたが、
今回は相当に水が引いていて、
こんな感じで石の縁が白くなっております。

水量が少ないと歩きやすいのは助かるのですが、
さて魚の出はどうなるかな、
とりあえずやってみましょう。

本日は#15QBP(クイルボディ)の茶色をセレクト。
お昼過ぎの3時ぐらいからの釣り上がりですので、
フックサイズをちょっと小さめに設定しております。

早い時間帯ですので、殆ど虫のハッチはありません。
ライズもありませんので、
ポイント打ちに徹して、
早めのペースで釣り上がっていくと、
ちょっと行ったところで、
こんな綺麗なアマゴがヒット。
水量が落ちておりますので、
早めの流れから出てきました。

180521 長良川 アマゴ
180521 長良川 アマゴ

ただ、本日の区間はあまり魚影が濃いわけではなく、
なかなか次が続きません。
さらに30分ほど釣りあがったところで、
同サイズのアマゴがもう1匹ヒット。

その後は日が傾きかけるまで釣り上がったのですが、
やはり魚の気配がない。

そこでイブニングのヒットフライ、
#15のキハダを使ったのですが、
まったく効果なし。

#15QBP(クイルボディパラシュート)の
ダン系を使ったのですが、これも無視される。

しょうがないので、
最初のヒットフライ、
#15QBP(クイルボディパラシュート)の茶色に戻すと、
また綺麗なアマゴとイワナがヒットした。

う~ん?

さて、これはどう考えたらいいのだろう?
昼間はもちろん、イブニングでも茶系しか通用しないとは?

水量が減っていたので、殆どハッチはありません。
ヒントがないままに終わってしまいましたが、
ひょっとしたらアカマダラかなにか出ていたのかな?

煮え切らないままに終わってしまった今回でした。

釣行日:2018/05/21

-2018年5月の釣果-
当方HPの2018年5月の釣果はこちら

-2018年道具屋オヤジの釣り日記-
道具屋オヤジの釣り日記はこちら

-2018年度渓流釣り釣果-おまとめ要約ブログ-
2018年度の渓流釣り釣果のおまとめ要約はこちら