もうテレストリアル?道具屋おやじの釣り日記、渓流編。

今週の定休日(5/28)は庄川支流に突撃。
岐阜県側の庄川支流の中で、一番好きな流れです。

水量はこんな感じで、ずいぶん渇水しております。
このところ、暑い日々が続きましたので、
もう雪が溶けて水量が減ってしまったようです。

渇水しておりますと、使うフライの選択が難しくなります。

どんなパターンでいこうかな?

ロッドを置いて考えておりますと、
ロッドの脇で何かが動きました。

何かいるのかな?

よ~く目を凝らして見てみますと、(黒丸の中)

ちょっと分かり難いのですが、ムネアカでした。
拡大するとこんな感じです。

もうテレストリアルかなぁ?

半信半疑ながら、
ボックスの中から#12ムネアカパラシュートを取り出して、
お昼の2時過ぎぐらいから釣り上がって行きます。

真昼間の渇水ですので、
できるだけ影になっている部分を主体に打って行きますと、
30分ぐらい釣り上がったところで、
まぁまぁのサイズのイワナをゲット。
25cmぐらいかな。

180528 庄川 イワナ
180528 庄川 イワナ

その後も同じようなポイントを狙って行ったのですが、
なかなか次が出てきません。
2時間ほど釣り上がって、
イワナが3匹、アマゴが1匹の釣果となりました。




魚影が薄いので場所変えをして、
同じ支流の下流部を狙います。

流れはこんな感じですが、
やはり相当渇水しております。
石の周辺が白く変色しているのが、
おわかりいただけるでしょう。

ここでフライを交換、
といっても先ほどのヒットフライのムネアカパラシュートを、
3本ほど後ろの木に引っ掛けてしまったので、
手持ちがなくなってしまった。

そこで、#11HS(ハーフシンク)ロイヤルコーチマンをセット。
ムネアカのハッチマッチャーとして使えます。

このパターンで釣り上がって行きますと、
小さなヒラキの中から、ちょっといいサイズのイワナが出てきました。
ネットフレームの内側と同じぐらいありますので、
27cmほどありました。

180527 庄川イワナ27cm
180527 庄川イワナ27cm

口元にがっちりとフライをくわえております。
半沈みパターンの場合、
しっかりとフッキングするのが嬉しいですね。

というわけで、
夕方の6時過ぎまで釣り上がって、
イワナ5匹の釣果。

イブニングはなんだか気が向かなかったので、
早めのあがりとなりました。

ちょっと雨が降ってくれるといいのだけど…。

釣行日:2018/05/28

-2018年5月の釣果-
当方HPの2018年5月の釣果はこちら

-2018年道具屋オヤジの釣り日記-
道具屋オヤジの釣り日記はこちら

-2018年度渓流釣り釣果-おまとめ要約ブログ-
2018年度の渓流釣り釣果のおまとめ要約はこちら