シマノ、ニューモデルのアスキスJ1467のご紹介。

シマノのニューモデル、
Asquith(アスキス)J1467をご紹介申しあげましょう。

でもその前に、
アスキスについてさらっとおさらい。

アスキスシリーズはすでに定評のあるところで、
九頭竜川のサクラマスや、大きな河川でのニジマス、
アメマス、イトウなど、大物狙いの釣行で、
素晴らしい釣果を上げているロッドです。
特に九頭竜川のサクラマス狙いのアングラーには、
絶対的な支持を得ているロッドであり、
その素晴らしい遠投能力とコントロール性能は、
他の追随をまったく許さない、
といっても過言ではありません。

シマノ アスキス ニューモデルのJ1467(真ん中)と現行モデル
シマノ アスキス ニューモデルのJ1467(真ん中)と現行モデル

-アスキスの特徴-
キャスティング能力は抜群で、
スペイもオーバーヘッドもどちらも高次元でOK。

ねじれ剛性に優れたスパイラルX構造を採用したブランクの、
ロッド全体を貫くしなやかなアクションのおかげで、
細いティペット(3X)や、小さいフックサイズ(#14)でも、
充分に実戦で使えます。

エキサイトトップというシマノの独自の技術を採用して、
フライが小さな石に触れただけでも察知するという、
高感度を実現しております。

ジョイントは塗装印籠継により耐久力がアップしており、
テーピングをうっかり忘れてもOKです。
ただ、念のためにテープは巻かれたほうがよろしいでしょう。




-アスキス J1467のここがグッド!-

シマノ アスキス ニューモデル J1467
シマノ アスキス ニューモデル J1467

すでに発売されているJ1366と比較して、
ニューモデルで1月発売予定のJ1467は、
さらに5mは遠投できるといわれており、
実戦で40m以上のキャストが可能。
これだけ飛べば、川はもちろん海でも使いたくなりそうですね。

- アスキス J1467 グリップ -
グリップ周りはこんな感じ。
前後は圧縮コルクで補強されており型崩れしにくいグリップ。
リールシートはアップロックを採用しております。

バットエンドにはルーミスのロゴが刻印、
やりますな。

- アスキス ジョイント -
これが噂の塗装した印籠継ぎのジョイント。
緩みにくくて強度抜群のジョイントですが、
念のためにテープを巻かれるとよろしいでしょう。

- シマノとルーミスのダブルネーム -
シマノとGルーミスのダブルネーム、
やっぱりカッコイイですね。

- アスキス J1467のインプレッション -
ニューモデルのJ1467および現行モデルを振ってみました。
ロッドインプレッションはこちら

-アスキス 価格表 -
J1467 14’6” #7 350~450gr 本体価格122,000円 NEW!
J1266 12’6” #6 300~380gr 本体価格114,000円
J1366 13’6” #6 350~430gr 本体価格116,000円
J1408 14’0” #8 400~500gr 本体価格116,000円
J1508 15’0” #8 450~550gr 本体価格118,000円

ニューモデルのJ1467につきましては、
実際の入荷は、1月中旬を予定しておりますが、
現行モデルも品切れ続出となっておりましたので、
ご予約をオススメ申しあげております。
ご予約いただいた方から、優先的に発送させていただきます。

-通販のご案内-
この商品の発送は、ヤマト便で送料無料。
銀行振り込みと現金およびカードによる代引きもOK。
代引き手数料も当方負担でかまいません。

ご注文、お問い合わせは、
電話052-502-4424か、
メール info (at) lasthope.jpまで。

なお携帯の方、およびお急ぎのかたは、
メール lasthope.shinji(at)gmail.com まで。
どうぞお気軽に…。