さらばドクターペッパー。

今週の定休日(8/27)は、
アサイチはヤボ用があって出れなかったので、
12時過ぎに庄川支流の馴染みの流れに到着。

ところが、
禁漁を控えているためか、
どのポイントも先行者があって入れない。

しょうがないので別の支流を狙って、
まぁまぁのサイズのヤマメをゲット。

その後は、
イブニングに備えて大物のポイントに突撃。

夕方の4時過ぎに到着して、
ちょっと早いかなぁと思いつつ、
自分が先行者になったらどうなるか試してみようと、
1時間ほど釣り上がってみた。

けれども、
まったく反応がない。
水量がちょっと多めで、
条件は悪くないのだけれど、
どのポイントも沈黙してしまう。

でもこれは思惑どおりで、
とりあえずこれで先行者の役割はOKなので、
元の場所に戻って、6時過ぎから入ってみると、
同じポイントを釣り上がって、
今度は26cmのイワナを頭に5本ゲット。

1時間の差が釣果を生むとは、
やはりこれは夕方狙いのメリットですね。
昼間に同じことをやっても、
たぶん2ラウンドともボーズだったでしょう。

自分が先行者になってのひとり時間差攻撃は、
まぁまぁうまくいきました。

で、肝心のイブニングですが、
フライが見えなくなるまで頑張ったものの、
まったく音沙汰なし。

お盆休みの間に釣りきられてしまったのか、
ちょっと残念ですね。




ところで話しは変わりますが、
おいらはドクターペッパーが好きで、
どこかで見かけるとついつい買ってしまいます。

新婚旅行でアメリカに行ったとき、
ロスの街中でこれを見つけて、
恐る恐る飲んだのですが、
甘ったるい感じが虜になってしまい、
以来、日本でも自販機に入っていると、
つい手が伸びてしまいます。

荘川町のある自販機にもこれが入っていて、
庄川に釣りに来るたびに買って飲んでおりますが、
今夜もやっぱり買ってしまいました。

冷たい缶を手にしつつ、自販機の前で反省会。

さぁてと…。

本日はあまりにも釣果が悪く、
大物はまったく気配がなかった。

またこの後も禁漁間際まで、
土日といわず平日といわず、
庄川の各支流は大勢の釣り人で賑わうこと間違いなし。

来週また来ても、
きっと先行者だらけで、
入渓ポイントにすら近寄れないかもしれない。
うまくポイントに入れたとしても、
時間差攻撃さえうまくいかないかもしれない。

そう考えて、
庄川釣行は本日で最後にしましょう。
来週からは長良の各支流を攻めることにしました。

というわけで庄川のドクターペッパーとは、
しばらくお別れ。

さらばドクターペッパー、
また来年くるからね。

釣行日:2018/08/27
ヒットフライ:#13キハダ

-2018年8月の釣果-
2018年8月の当方HPの釣果はこちら

-釣り日記-
道具屋オヤジの釣り日記はこちら

-2018年度渓流釣り釣果-おまとめ要約ブログ-
2018年度の渓流釣り釣果のおまとめ要約はこちら