お盆の後は、やっぱり厳しい…。

今週の定休日(8/20)は早朝から突撃。
久し振りに自分の釣りをしようと、
前からあたためていたネタを確かめに、
庄川の本流に入渓。

ところが…
7時前に流れに降り立って、
ちょっとづつ釣り上がって行きますと、
なんと上流側からルアーマンが釣り下がって来た。

休み明けの月曜の朝なのに、
それはないよと思っておりますと、
こちらの存在を知ってか知らずか、
どんどん釣り下がってくる。
ついにあと数mのところで鉢合わせ。

しょうがないのでこのポイントは諦めて、
いつもの渓の最源流を攻めることにした。

けれども…
1時間釣り上がっても、
2時間釣り上がっても、
魚の反応がまったくない。

先行者の足跡だらけで、
お盆休みの期間中は相当に攻められたのでしょう。
川の中の魚全部の存在が、
何処かに消えてしまったかのよう。

おまけに…
対岸の薮の中から、バキバキ、ピキピキと、
いや~な物音が…。

気になって釣る手を止めると、
一時、音は止むのだけど、
しばらくするとまたバキバキ。

後をつけられているような感じがして、
とっとと竿をたたんで車に戻りました。

バキバキ物音たてた相手は、
帰り道で見たこんな栗を拾いに来たのかな。

車に戻ってご飯を食べた後は、
朝が早かったので16時まで昼寝。

16時過ぎに起き出して、
もう一度、庄川の本流を試したのだけど気配なし。

そこで、支流のひとつにもぐりこんで、
18時過ぎから釣り上がってみますと、
最初はまったく反応がなかったものの、
30分ぐらい経過して、薄暗くなってきてから
ポツリポツリとイワナの反応が出だした。

昼間に使うアント系のパターンから、
イブニングに見やすい#13キハダにチェンジして、
プールの流れ込みを流していると、
ようやく良型のイワナがヒット!

2018/08/20 庄川 イワナ30cm 店主
2018/08/20 庄川 イワナ30cm 店主

ぎりぎりの尺サイズでしたが、
危うくボーズになりそうでしたので、
とりあえずほっとしました。

やはりお盆の休み明けは厳しいですね。
相当、釣り荒れております。

とはいっても、
前日に同じように釣り上がったご常連の水野様、
尺イワナを2本釣ってこられましたので、
まだまだ魚はおります。

ただ、水野様も言っておられましたが、
暗くならないと反応しないほどに厳しい状況ですので、
懐中電灯の乾電池の残量を確かめてから釣行されると
よろしいでしょう。

釣行日:2018/08/20
ヒットフライ:#13キハダ

-2018年8月の釣果-
2018年8月の当方HPの釣果はこちら

-尺サロン-
尺物の釣果を集めたページはこちら

-2018年度渓流釣り釣果-おまとめ要約ブログ-
2018年度の渓流釣り釣果のおまとめ要約はこちら