ちょっと痩せていた、厳しい冬だったのかな。道具屋おやじの釣り日記、渓流編。

今週の定休日(6/11)は庄川の支流に突撃。
ずっと雨がしょぼしょぼと降り続いていて、
好釣果が期待できそうです。

2時ぐらいに現地に到着して、
まずは馴染みの渓の上流部を目指します。
流れはこんな感じで、
雨が続いておりますので、ちょっと水量が増えて、
岩についている白い跡は消えておりました。
若干ながら、渇水が解消しております。

雨降りでやや増水、
絶対に爆釣パターンのはずですが、
2時間ほど釣り上がったもののノーヒット。
まったく魚の影がありません。
入渓してすぐに、
ナイフと魚を始末した後が散乱しておりましたので、
たくさん抜かれてしまったのかも…。

結局最初の1ラウンド目は、
こんなのがヒット。
綺麗な水には似合わないので、
キープしてきました。

写真を撮りながら、
”オイラの大事な渓に捨てるなボケェ~”
ちょっと毒づいちゃいました。




気を取り直して、ポイント変更。
4時過ぎから下流部の一番好きな流れを釣り上がります。

流れはこんな感じで、
こちらもちょっと増水していて、条件は最高です。

本日の相棒はスコットG2 772/4、狭い場所狙いのロッドです。
9ft5xのリーダーに直結で、#11HSロイヤルコーチマンを結びます

このシステムで釣り上がっていきますと、
すぐに20cmぐらいのイワナがヒット。
流れの脇から出てきました。

180611 庄川 イワナ
180611 庄川 イワナ

ちなみにこのイワナ、
尻尾の上側が欠損しております。
厳しい冬の間に、共食いにあったのかな。

そのまま釣り上がっていきますと、
今度はまぁまぁのサイズのイワナがヒット!
28cmほどありました。

180611 庄川 イワナ28cm
180611 庄川 イワナ28cm

このあとはさすがにゴールデンタイムに突入。
フライがちょっと見づらくなってきたので、
#13キハダにチェンジして、
29cmを頭に20匹ほどゲット。
やはり雨の日は釣れますね。

やがて少しづつ薄暗くなってきた7時過ぎ、
#11VSOP にチェンジして、
緩い流れを流しておりますと、
すっと吸い込むようにフライをくわえたのは、
36cmあるメスのイワナ、優しい顔をしておりました。

180611 庄川 イワナ36cm
180611 庄川 イワナ36cm

ちなみにこのイワナ、
ずいぶん痩せていてひょろっとしております。
厳しい冬だったのか、あまり餌を取れなかったようです。

また最初のイワナと同じように、
尻尾の上側が欠損したイワナが、
今日は3匹も釣れました。
合計で20匹ほど釣りましたので、
そのうちの3匹の尻尾が欠損。
けっこう多い割合ですね。

皆様ご存知のとおり、
今年の冬は雪が多く、
イワナ達にとって、生き残るのに大変な季節だったことでしょう。
イワナは餌が取れないと共食いしますので、
よく尻尾を齧りあったりします。
36cmのイワナはさすがに齧られてはいませんでしたが、
餌がとれなくてずいぶん痩せておりました。

厳しい季節を生き残ってきたんだねぇ、
頑張って生き残れよ~
リリースする時に、そっと頭を撫でてやりました。

釣行日:2018/06/11

-2018年6月の釣果-
当方HPの2018年6月の釣果はこちら

-2018年道具屋オヤジの釣り日記-
道具屋オヤジの釣り日記はこちら

-2018年度渓流釣り釣果-おまとめ要約ブログ-
2018年度の渓流釣り釣果のおまとめ要約はこちら