犀川でブラウントラウト50cmオーバーゲット、おめでとう!高山名人の場合。

岐阜県高山市にお住まいの高山名人、
犀川で2/23にブラウントラウト50cmオーバーゲット、
おめでとう!

犀川 ブラウントラウト 50cmオーバー
犀川 ブラウントラウト 50cmオーバー

素晴らしいサイズですね。
おまけにとても綺麗な魚体。
犀川のブラウンは、天然物ばかりですので、
美しい魚が多いですね。

メスかな?
オスかな?

ちょっとだけシャープな顔つきですが、
なんとなく丸みを帯びておりますので、
やはりメスかな?
どちらが釣れても嬉しいですね。

この魚、
ジャンプを繰り返してなかなか寄って来なかったとか。
いいファイトでうらやましぃ~

ちなみにこの魚も得意のウェットでゲットされたとのこと。
高山名人は、今でこそウェットフライ使いの名手ですが、
最初はさっぱり釣れなかったとか。
そこでどうされたかというと…




-高山名人はどうやって釣れない状況を克服したか-
殆どのフライフィッシャーは、
ドライフライをひととおり使ってからウェットフライに進まれます。
ところが、ウェットフライって案外難しいですね。
フライの位置を確認できないし、アタリも良くわからない。
あれこれと悪戦苦闘したあげく、結局はドライに戻ってしまう方も
多いようです。

けれども、高山名人はそこで諦めなかった。
ウェットフライを使う時はウェットだけと決めて、
ドライにはまったく手を出さず、
結果が出なくてもウェットフライを使い続けたとのこと。
覚悟が違いますね。
ご立派です。

皆様も、ウェットフライを使い始めたら、
たとえボーズが続いても、
ドライには手を出さないほうがよろしいですよ。
ずっと使い続けておられますと、
ある日、突然釣れるようになりますから、
そこまで我慢ができるかどうかが、
その後の展開の分かれ目になります。

ウェットフライの道を志す皆様、
がんばってね。

-ウェットフライのオススメパターン-
当方のオススメウェットフライはこちら

-2018年2月の釣果-
当方HPの2018年2月の釣果はこちら

-2018年道具屋オヤジの釣り日記-
道具屋オヤジの釣り日記はこちら

-2018年度渓流釣り釣果-おまとめ要約ブログ-
2018年度の渓流釣り釣果のおまとめ要約はこちら


マンツーマンのフライタイイングレッスン、O様と。

関東在住のO様から、
マンツーマンのタイイングレッスンのご依頼を頂戴しました。

お話しをお伺いすると、
O様はこれからタイイングをお始めるになるとのことで、
まずは簡単なエルクヘアカディスを巻いていただくことに。

O様は手先が器用でしたので、
特に問題もなくあっという間に終了。

またそのあとはオイカワ用に、
#20のバイビジブルにも挑戦していただきましたが、
こちらもなんなく終了。

どちらのパターンも問題なくこなされたO様、
きっとうまくなられることでしょう。
がんばってね。

さて、マンツーマンのタイイングレッスンは、
時間の都合がつく限りは何時でもOK。

詳細はこちらをご覧くださいね。


スコット フライロッド、2018年度ニューモデルGSのご紹介。

スコットの2018年度ニューモデル、
GS 905/4がお嫁に行きますので、
ただいま各部のチェック中。

GSは、Gシリーズの略で、ネームは相変わらず手書き。
スコットの魂である手作り感が、本当にいいですね。

SCOTT FLY ROS,GS 905/4

こちらはグリップ周り。
スコットのGシリーズの特徴である、
グリップ先端の圧縮コルクはあいかわらず健在。

他社がずいぶん真似するようになりましたので、
もう見慣れてしまいましたが、
日本に入ってきた初期の頃は、
これだけですぐにスコットとわかるような、
強烈なインパクトがございましたよ。

リールシートが変わりましたね。
すでにラディアンやFXに採用されているタイプですが、
やはりこれはカッコイイですね。

こちらはジョイント周り。
こちらも変わることなくインターナルフェルール採用ですが、
こんな面倒なジョイント仕様は、
もはやスコット以外のメーカーは採用しておりません。


インターナルフェルールは、
作るのにとても手間が掛かるジョイントで、
かってアメリカのスコットの工場に行ったときに、
その製作現場を拝見したことがありましたが、
”本当に手間が掛かっているなぁ!”
などと嘆息したのを、今でもアリアリと覚えております。

でも、この面倒なフェルールのおかげで、
魚を掛けてからのバラシにくさや、
あわせ切れの少なさに貢献しているとしたら、
いくら工程が面倒といっても止められないでしょう。

スコットのGシリーズのすべてがここにある、
そういっても過言ではありませんね。




バット部にはこれもお約束の、
12インチと20インチのマークが入っております。

12インチはもちろん日本の尺サイズ、
そして20インチはヘンリーズフォークの目標サイズですね。
これを目標にして、皆さん頑張ってくださいね。

最後は全体画像。
アルミケース、竿袋、正規品の保証書付き。

チェック終了で無事にお嫁に行きました。
頑張ってこいよ~

◎ スコット GS 905/4 9’#5 4p 本体価格98,000円
GSシリーズにはラインサービスがございます。
ご注文時にあわせてお申し付けください。

-スコット フライロッド GSシリーズ-
スコットの2018年度GSは全部で11機種ございます。
他のモデルの詳細は、こちらをどうぞ。

この商品の発送は、ヤマトの通常便で送料無料。
銀行振り込みと代引きもOKで、
代引き手数料も当方負担にさせていただきます。

ご注文、お問い合わせは、
電話052-502-4424か、
メール info (at) lasthope.jpまで。

なお携帯の方、およびお急ぎのかたは、
メール lasthope.shinji(at)gmail.com まで。
どうぞお気軽に…。