リバーシーバスはスィングで狙え!道具屋おやじが釣ってみた、No.60

本日(10/18)はご常連の大出様と、
18時出船でシーバス狙い。
いつものように明康丸さんにお世話になります。

ところで今日は、
G.LOOMISのニューモデル、
NRX+ 888 SF のテストも兼ねており、
昨日巻いたばかりのゲームチェンジャーフライを、
幾つかバッグの中に忍ばせております。

ゲームチェンジャーは、
US国内で大流行のパターンで、
ルーミスのニューモデルもこれを使うためのロッド。

アクションはバッキバキのガッチガチですので、
ラインはSAのタイタン#8を使用。
ゲームチェンジャーのような嵩張るフライですと、
二番手上のライン重量がしっくりきますね。

G.LOOMIS NRX+ 888SFとゲームチェンジャー
G.LOOMIS NRX+ 888SFとゲームチェンジャー



最初は様子見で、
港内のポイントを幾つか徘徊。

ただ水温が高いせいか、
ヒットするのはチーバスばかりなので、
とっとと切り上げて、
いよいよ本命ポイント、
リバーシーバスに突撃。

ここでラインもシンキングラインにチェンジ。

大きな河川の河口では、
満潮からの下げは激流になるため、
その流れを攻略するために、
シンキングタイプは必須のラインです。

-リバーシーバスのタックル-
ロッド:GルーミスNRX+ 888 SF
リール:ロス ビッグゲーム
ライン:エアフロ スナイパーWF8 Di7
あるいは、SAのソナーシーバスWF8/9 S 、
あるいは、エアフロ シックスセンス 7/8か8/9のDi7。
リーダー:TMC STD ナイロン 9ft 0x 直結
フライ:#2イワシゾンカー ホワイト

-リバーシーバスのメソッド-
木曽川や長良川などの大河で、
満潮からの下げを狙う場合、
激流の中を釣ることになりますので、
フローティングやインタミではまったく歯が立ちません。
投げ釣りをやっていたころには、
30号の円盤天秤でも、あっという間に流されておりました。

そんな速い流れの中でもシーバスはちゃんといて、
餌になるベイトが流れて来ると頻繁にボイルします。
おまけにサイズがイイ!

川の規模によってシーバスのサイズが
決まってくるといいますが、
70,80はもちろんのこと、
メーターオーバーの噂もたまにあります。
これはもう狙うしかないですね。

そこで、
Di7のようなシンキングラインを用意して、

1-魚のいるポジションの上流にキャスト、
2-そのままラインを送り込んで、
3-魚の前でターン完了。
4-ちょっとづつフライを動かしてベイトを演出。
5-ガツンとヒット!
というのが一連の動作。
要するに、ウェットフライのスイングの釣りと、
まったく同じ要領です。

ただスィング中はめったにアタリませんので、
ターンしてからが要注意です。

このやり方で、大出様シーバスゲット!

2021/10/18 シーバス 大出様
2021/10/18 シーバス 大出様

道具屋おやじもヒット!

ちなみにこのメソッドが確立してからは、
フライのタックルでも、
70や80サイズも出るようになりました。

80サイズが激流の中でヒットすると、
もはや取り込みは不可能。
船で追いかけることになります。

あいにく今回はそれほどのサイズは出ませんでしたが、
それでも何本か釣ると腕が痛くなるほど。
道具屋おやじも腕がつりそうで、途中で休んじゃいました。

無理しちゃいけませんが、
腕が痛くなりたい悪い子のみんなは、
ぜひ明康丸さんに突撃ね。
12月初めぐらいまではOKですよ。

◎ 今回の動画はこちら。

◎ 豪画を集めたLHチャンネルはこちら。



G.LOOMIS(Gルーミス フライロッド)、IMX-PROの31111-4と41111-4が入荷。

-Gルーミス IMX-PRO ショートスペイ-
IMX-PROのショートスペイ、
31111-4 11’11” #3 4pと
41111-4 11’11” #4 4pが、
久し振りに入荷しました。

Gルーミスのロッドの中では、
しなやかで面白いと評価の高いモデルです。

範疇としてはスイッチロッドとスペイロッドの
中間のような感じです。

G.LOOMIS IMX-PRO 3111-4と4111-4
G.LOOMIS IMX-PRO 3111-4と4111-4

毎年この季節になると、
ご注文が多くなるこのモデル。

スペイの練習を兼ねて購入される方が、
多いシーズンですが、
員弁川や天竜川のように、
ニジマスが釣れる河川では、
実戦用に購入される方も多いですね。

-リールシート-
リールシートはダウンロック採用で、
大きなリールでも落とすことが少なくなります。

コルクの前後は圧縮コルクで補強してあります。
これならガンガン使っても大丈夫。





-ジョイント部-
ジョイントはオーバーフェルール採用。
方向合わせのドットはありません。
念のためにテープを巻いて下さいね。

ガイドはお約束どおり、シングルフットです。

-全体画像-
こちらが全体画像。
当方取り扱いはすべて正規品。
保証書と竿袋、ハードケースが付属します。

-価格表-
IMX-PRO 3111-4 #3 11’11” 210~270gr 本体価格77,500円
IMX-PRO 4111-4 #4 11’11” 270~330gr 本体価格77,500円
IMX-PRO 5111-4 #5 11’11” 300~360gr 本体価格77,500円
IMX-PRO 6111-4 #6 11’11” 350~420gr 本体価格77,500円
IMX-PRO 7111-4 #7 11’11” 400~480gr 本体価格77,500円

◎ Gルーミスの他のモデルはこちら

-通販のご案内-
この商品はヤマト便で送料無料。
銀行振り込みをお願い申しあげております。
現金およびカードの代引きもOK。
代引き手数料も当方負担で構いません。

ご注文、お問い合わせは、
電話052-502-4424か、
メール info(at) lasthope.jpまで。

なお携帯の方、およびお急ぎのかたは、
メール lasthope.shinji(at)gmail.com まで。
どうぞお気軽に…。




ASQUTH(アスキス フライロッド)、ASQ890-4がお嫁に行きますので。

-ASQUITH 890-4 -
アスキスのソルトモデル、
ASQ 890-4 9’#8 4Pがお嫁に行きますので、
ただいま各部のチェック中。

Gルーミスとシマノのダブルネームとなってます。

ASQUITH アスキス890-4 9’#84p
ASQUITH アスキス890-4 9’#84p

-ここが凄い!-

このモデルは値段が凄い!

と茶化したくなる気持ちは良く分かります。
だって税込み160,600円もします。
一般的なシングルハンドのフライロッドですと、
一番高価なモデルということになりそうです。

それでも売れていくということは、
値段に相応しい性能を、正当に評価される方が、
多数おられるということにもなります。

では、その性能の凄さがどこにあるのかといえば、
やはり、シマノのブランクの性能の凄さ。

スパイラルXと呼ぶ、捻じれやつぶれに耐える高い能力を持つ、
ブランクの素晴らしさにあるようです。

ちなみに今回、このロッドはオーナーと一緒に
奄美大島に突撃されるとのことですが、
奄美でトレバリー系を狙ったりするときには、
このロッドはとても高い評価を得ているようです。

同様にアスキスの他のモデルが、
大物釣り師の多い北海道で評判なのも、
なるほどと頷かされるブランク性能を有しているから、
といえそうですね。

-グリップ周り-
リールシートはリールが緩みにくい、
ダブルロックのアップロックでしっかりと保持してくれます。




-ジョイント-
ジョイントは大きな入力にも耐えられる、
オーバーフェルールを採用。

ガイドはシングルフットではなく、
スネークを採用して耐久力アップを狙っております。

-全体画像-
当方取り扱いはすべて正規品。
保証書、竿袋、アルミケースが付属します。

チェック終了で無事にお嫁に行きました。
奄美で頑張ってこいよ~

-ラインサービス-
このロッドにはお好きなラインを1本プレゼント。
ご注文時に申しつけ下さい。

-価格表-
アスキス 890-4 9’ #8 4p 税込160,600円

このモデルはなかなか入荷しませんので、
ご予約を承っております。
ご予約いただきますと優先的にご用意可能です。

◎ Gルーミスの他のモデルはこちら

-通販のご案内-
この商品はヤマト便で送料無料。
銀行振り込みをお願い申しあげております。
現金およびカードの代引きもOK。
代引き手数料も当方負担で構いません。

ご注文、お問い合わせは、
電話052-502-4424か、
メール info(at) lasthope.jpまで。

なお携帯の方、およびお急ぎのかたは、
メール lasthope.shinji(at)gmail.com まで。
どうぞお気軽に…。