背後霊?

先日のこと。
名古屋港のおかっぱりポイントに突撃したのだけど、
30分やっても1時間やっても、
全然アタリがない。

狙っているのはメバルかカサゴですが、
彼らのヒットがなくても、
小さいシーバスならよく釣れますので、
根魚系が駄目ならチーバスでも、

と思って小さいなシラスパターンを
シコシコと引っ張り続けたのだけど、
相変わらずアタリがないまま、
1時間半ほど過ぎてしまった。

海の釣りの場合、
難しいのは潮のタイミングで、
魚が居ても潮の動きが悪かったら、
スイッチが入らないことが多いので、
もう少したって、
下げが始まったらヒットがあるかも、
と思って、そのまま惰性で、
投げちゃ引きを繰り返していた。




————————-

ところがこの日は、
潮が動き出しても反応が悪く、
釣り始めてからすでに2時間以上は経過しているのに、
相変わらず何のヒットもない。

おまけに、
なんだか背中のあたりがゾクゾクする。
ちょうど風邪でもひいたような感じで、
寒気もするので、
今日は早上がりにしようかと思っていた。

ただ、諦めるのも悔しいので、
ずっと投げ続けていると、
またまた背中のあたりがゾクゾクして、
まるで背後霊につかまったかのよう。
強烈な視線も感じます。

ジジィは案外に霊感が強いので、
ひょっとしたらと思って、
背後をひょいと振り返ると、
後ろのほうで小さい玉がキラリ。

ゲゲッ、ついに出たか?
火の玉かなぁ?
今日は止めときゃよかったよ。
わきの下に冷たいものが流れるのを感じつつ、
その光る玉を見ておりますと、
なんだかその玉が動く。

で、よ~く目を凝らしておりますと、
光る玉が二つになって、こちらのほうに向かってきたので、
震える手をおさえつつカメラを取り出して、パシャリ。

襲われる前に証拠写真を残しておこうと思ったのだけど、
パシャリとやったらニャァ~と鳴いた。

拡大して、

明るくしてみると、

お猫様でした。

———————————

背後霊じゃなくて良かった~
ホッとしたのだけれど、
こんどはそのお猫様が、
ずっと背後霊のように後ろにへばりついていて、
全然動こうとしない。

”もしもし、そこにいるとラインが引っかかって危ないので、
ちょっと横にどいてください。”
などと頼んでも駄目。

これはきっと人慣れした猫で、
しょっちゅう釣り人から釣った魚をもらっているのだな。
オイラのことを名人と思って、
後ろから離れないに違いない。

それならそれで見事に釣って見せましょう。
そう思って、それから1時間ほどは、
あーでもない、こーでもないと、
いろいろやったのだけどまったく駄目。

潮が悪いと魚の気配がすべて消えちゃう時があるのだけど、
この日はそんな感じ。

さらに30分ぐらい悪戦苦闘して、
ようやくチーバスを1匹キャッチして、
”さぁ、お待たせしました”
と後ろを振り返ると、
ありゃま、
お猫様の姿は何処にもない。

オイラがあまりにも下手なので、
他の釣り人の所にでも行ってしまったのかも。

猫にまで見透かされてしまったオイラの下手さ加減、
この日は行かなかったことにしました。




900円のお賽銭で。

昨日の定休日は、夜釣りの釣果が思わしくなくて、
10時ごろまでふて寝。

その後はごそごそ起き出して、
シムスのバッグに入れた中身を整理していたところ、
チャック付きの袋に入れた小銭が見つかった。

SIMMS(シムス)のリールケースSサイズ。

中身は全部で900円なりぃ~

でもこの小銭、いったいどうしたんだろ?




————-

寝ぼけた頭で考えておりますと、
そういえば3ヶ月ほど前に、
近所の自販機で缶コーヒーを買ったとき、

どうやら前の人がお釣りを取り忘れていったようで、
すでに購入可能のランプがついている。

オイラはこういうのをそのまま使うのは嫌で、
人のお金で何かを買うのは、
自分には権利がないと思っている。

ちゃんと自分で稼いだお金なら、
正々堂々と使いますが、
拾ったお金とか、
前の人が取り忘れたお金を使ってしまうと、
悪い運をつかんでしまうような気がしてしょうがない。

そこで、
そんな思いがけないお金が来た時は、
近所の神社や氏神様に、
お賽銭として入れることにしている。

自販機のお金も、そのまま釣銭として引き出して、
その後で自分のお金を入れて、
缶コーヒーを買ったのを思い出した。
この900円は、その時のお釣りのお金でした。

———–

ところで話しは変わりますが、
昨夜(12/03)の釣果はひどかった。

満月が煌々と輝くなか、
スケスケの水中に2時間ほどフライを流したのだけど、
15cmにも満たないチーバスが1匹ヒットしたのみ。
メバルもカサゴも何処かに行ってしまったようで、
全く気配がない。

おまけにローカルリバーも2連敗中だし…。

というわけで、
悪い運気を変えるには、ここしかない。
何かあるたびにお参りする熱田神宮に、
嫁と一緒に爆釣祈願に行ってきました。

熱田神宮の境内
熱田神宮の境内

で、ポケットの中に忍ばせた900円を取り出して、
嫁にそっと入れてもらった。

900円のお賽銭

またまた話しは変わりますが、
皆さんは神社にお参りするときに、
いくら位のお賽銭を差し上げるのでしょう?

10円?100円?
それとも諭吉様お一人?

まぁ、それぞれの懐具合とお参りにかける熱意によって、
お賽銭の金額は変わってくるのでしょうけれど、
とりあえずオイラの場合、
近所の神社や氏神様ですと10円、
熱田さんの場合は100円いれることが多いです。

で、今回の場合は900円入れましたので、
オイラの計算では9人の方に福が届くはず。

900円のお賽銭で爆釣祈願!
この記事をご覧になって釣れた方、
本当におめでとう!
先着9名様限定ですので、どうぞお早めに…

と、ここまで書いてきたら、
肝心の、オイラと嫁のお賽銭を入れることを
忘れてしまったことに気がついた。

あ~ぁ、
これで来週もボーズ確定かも、
なんてこったぁ~




緊急情報、ただいまLHアラート発令中!

緊急情報、緊急情報!
ただいまLHアラート発令中!

さきほどLH店内において、
たいへん悲惨な状況が発生した模様。

地元LHTVでは、すぐにレポーターの阿部さんを現場に
派遣しておりますので、
さっそく現場と回線をつないでみましょう。

”ここで現場の阿部さんを呼び出してみたいと思います。
阿部さん、そちらの状況はいかがでしょう?”

’はい、現場の阿部です。こちらはご覧のとおり白いものが
周囲を覆いつくしております。’

”こ、これはひどい状況ですね。阿部さん、それはいったいなんですか?”

’たぶんこれはぶちまけたヘッドセメントを吸収するための、
トイレットペーパーだと思われます。’

”わかりました阿部さん、ところで混乱はあとどのくらい続きそうでしょう?”

’現場はまだシンナーの臭いが充満していて、とても危険な状態です。
あと1時間ぐらいは騒ぎが続きそうです。’

”了解しました阿部さん、引き続き取材を続けてください。”

というわけでただいまバイスまわりはこんな感じ。

これからご来店くださる皆様、
窓を開けっぱなしにして臭いを消しますので、
ちょっと寒いかもしれません。

どうぞご了承くださいませ。