ワンセグ携帯でもNHK受信料

道具屋ジジィが巷間賑わす時事問題について、
戯言いって憂さ晴らしする時事倶楽部。
今日も楽しいクラブ活動のはじまり、はじまり~

—————————————-

12/27の毎日新聞によると、
ワンセグ付の携帯電話を持っていると、
NHKの受信料義務が発生するとのこと。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000057-mai-soci

ただワンセグは司法判断が分かれており、
過去の4件の判決では、
NHKの勝利が3件、携帯所有者の勝利が1件となっている。

ここでの争点は、携帯がテレビ受信機かどうかということで、
今回の訴訟を含めて5件中の4件で、
携帯がテレビ受信機であるという判断が
なされたことになる。

さて、
携帯持っているとNHKの受信料が発生するなんて、
まぁ、馬鹿馬鹿しいったらありゃしない。

携帯でテレビを見る人はおられるだろうが、
ジジィはあんな小さい画面でテレビなんぞ、
見たくもないし、

そもそもジジィは、
NHKの作る番組を見る価値があるのか?
と思っているので、

NHKなんぞめったに見ない、
というのが前回のあらすじで、

http://lasthope.jp/blog/index.php/2017/12/08/jiji-nhk/

携帯だろうが自宅のテレビだろうが、
ほとんどNHKを見ることはない。




——————————-

今回のNHKの受信料問題には、
誰もいわないけれど大事な点が抜けていると、
ジジィはボケナス頭で思っている。

根本的にNHKの番組は必要ない。
だって見ることが殆どないもんね。

必要のないものにお金など払いたくないが、
放送法なるもので、
テレビ受信機がある場合には、
必ずNHKの受信料を払わなければならない、
とうことになっているので、
嫌々ながら払っているだけ。

NHKの受信料については、
ずいぶん世間を賑わしているけれども、
NHKの番組なんて面白くないから、
全然見たくない、などと、
どうして誰もいわないのだろう?

NHKの番組ですぐに思い浮かぶのは、
紅白…面白くないから早く寝るか民放を見る。
相撲…国技とは思えないほどのモンゴル勢の活躍で
   やっぱり面白くないし、ガチンコ勝負の
   貴乃花の分が悪くなってきたので、
   このバトルは民放で見たほうが面白い。

NHKの代表的な番組って、他にあったかなぁ?

その程度の認識なので、NHKって全然必要ないんだけど…。

必要ないものにお金を払い続けるって、
日本人って本当にお人よしかもね。

————————–

同じ毎日新聞の過去の記事に、

https://mainichi.jp/articles/20140120/mul/00m/040/027000c?inb=ys

”豊かで良質な番組を作り、全国の視聴者に届けるのがその使命なので、
自主性を保つために運営財源を視聴者に求めているのです。
政府や財政からの出資も受けていません。”
とヨイショしてあるが、

NHKの放送のどれを指して”豊かで良質な番組”なのか、
ぜひご意見を伺いたいものだ。

それに比べて、
先日、最終回を迎えた”陸王”、
嫁につきあって見ていたのだけど、
メーカー同士の戦いが、なかなか面白かった。
視聴率が20%越えだそうだけど、さもありなん。

NHKもこんなの作ったら、見てやってもいいのだけれど。




   

NHKの受信料

道具屋ジジィが巷間賑わす時事問題について、
戯言いって憂さ晴らしする時事倶楽部。
今日もクラブ活動のはじまり、はじまり~

    —

最高裁の判断では、NHKの受信料の支払い義務は、
合憲とのこと。

これで受信料の支払いは強制力が発生して、
テレビを持っていると、必ず払わなければならない。

これは、テレビを購入したら、たとえNHKを見なくても、
NHKの受信料を払わなければならないという、
ちょっと腑に落ちない判断だ。

オヤジの家でもテレビがあるので、
NHKの受信料は払っております。
きちんと払っている以上、
文句をいう権利も発生すると思いますが、

どう腑に落ちないかというと、

そもそも、
NHKってお金を払ってまで見たい番組を作っているのだろうか?
ということ。





————————————-

ちなみにオヤジの家では、
どんな時にNHKの放送が流れているかといえば、

仕事を終えて帰宅すると、居間のテレビがNHKのニュースや
地震速報を流していることがたまにありますが、
それはどうしても見たいわけではなく、
民放でも同じようなニュースや地震速報を流していて、
どのチャンネルを見ても同じだけど、
たまたまNHKがついていて見ちゃったとか、

あるいは、
民放以外の切り口があるかどうか知りたくて、
NHKにチャンネルを合わせるのだけど、
結局は何処も同じで、NHKの独自性など微塵も感じられない。
みんな横並び、一線なのね、
という確認作業をするためのもの。

ということは、
ニュースや地震速報などは、
NHKにお金を払ってまで見る必要のないことです。

それに、
民放のほうがニュースを流すのが早いですし、
NHKは事実が確定してからじゃないと、
ニュースを流さないこともあるので、(要するに責任を取りたくない)
民放やインターネットには遅れを取っていて、即時性がない。

では、
ニュースや地震速報に限らず、
普段の番組はどうかといえば、
新聞のテレビ欄を眺めていて、
ぜひこれは見たいと思うことなど、
ほとんどといっていいほどありゃしない。

ということは、
NHKの番組もお金を払う価値のないことで、
お金を払う価値のないことにお金を払えと、
わが国の最高裁は言っているように思うのだけど、
はたしてこの考えは間違っているのだろうか?

で、今回の最高裁の判断によって、

  ”NHKって、本当に必要なの?”

という意見が出てくるかもしれないと思っているのは、
オヤジだけ?

————

NHKは、今回の最高裁の判断を大歓迎していると思うのだけれど、

一方では、

お金を払っても見たい番組を作っていないNHKなんて、
経済の原則では無用の長物に等しいですから、
NHKが必要かどうかの議論が巻きおこるのも、
ひょっとしたらあるのではないかと、
オヤジには思えますがいかがかしらん?

ちなみにオヤジは何年か前に、
NHKの地方局のディレクターを名乗る人物から、
出演要請をいただいたことがありますが、
忙しいからといって断ってやりました。

何のメリットもないのに時間だけとられるなんて、
真っ平ご免と思っていたのだけど、

その人物、まさかオヤジに断られるなんて
思ってもみなかったようで、
びっくりしておられましたよ。

要するにNHKなんてその程度です。

それでも庶民の懐からお金をむしり取るなんて、
NHKも最高裁もどうかしてないかい、
と思っている方が大勢おられるのじゃないかねぇ。