SIMMS(シムス)ウェーダー、2018年度および2019年度のG3ガイド、ヘッドウォータープロの違いを要約。

2019年度モデルのG3ガイドウェーダーとヘッドウォーターは、
内容の変更はございません。
一部価格改定があり、本体価格表示は改定後の値段となります。

————————–

シムスの2018年度のG3ガイドウェーダーと、
ヘッドウォータープロがモデルチェンジして、
本日入荷しました。

そこで、画像を交えて両者の違いをご説明申しあげましょう。

まずは前面の画像。
左がG3ガイド、右がヘッドウォーターとなります。

SIMMS(シムス)2018~19年度ウェーダー G3ガイドとヘッドウォーター
SIMMS(シムス)2018~19年度ウェーダー G3ガイドとヘッドウォーター

-G3ガイドとヘッドウォーターの素材の違い-
G3ガイドはレッグより上のアッパー部は3レイヤーのゴアテックス。
レッグの部分は新開発の4レイヤーのゴアテックスで、
従来のゴアよりも柔らかくなって、フィット感が向上。
より歩きやすくなりましたね。

ヘッドウォーターは、アッパー部、レッグ部ともに3レイヤーの
ゴアテックスを採用しております。

-ポケット部周辺-
ポケットまわりはこんな感じ。
こちらがG3ガイド、ファスナー付きの大きなポケットと、
左右のファスナーを下げますとハンドウォーマーにもなります。
ベルトを通す穴も配置されております。

こちらがヘッドウォーター、ファスナー付きの大きなポケットと、
左右にハンドウォーマーが配置されております。
ベルトを通す穴はございません。





なおG3ガイドのハンドウォーマーの中は、
マイクロフリースがセットされておりますので、
とっても暖かい。

一方、ヘッドウォーターのハンドウォーマーは、
そのままとなりますので、ちょっと値段の差がございます。

またフロント部の内側には、
G3ガイドはファスナー付きのポケットがございますが、

ヘッドウォーターのほうはポケットは別売りで、
ファスナーのみとなっております。

このポケットはファスナーで取り外しができますので、
携帯とかお財布とか、いろいろと入れておくのに便利です。
本来はティペットホルダーですが、
ティペットはベストの中に入っておりますので、
オイラは携帯を入れております。
使いやすくていいですよ。




-ビルトイングラベルガードとソックス部-
足首の部分はどちらのモデルもビルトインのグラベルガード付き。
ソックス部は左がG3ガイド、右がヘッドウォーター、
色の違いがございますが、内容には殆ど差がございません。

-G3ガイドとヘッドウォーター 裏側-
こちらが裏側。
左のG3ガイドは4レイヤーのゴアテックスをお尻の部分まで、
贅沢に使っております。
右のヘッドウォーターは3レイヤーとなります。

-SIMMS(シムス)G3ガイドとヘッドウォーター価格表-
こちらは2019年度の価格となります。
◎ G3ガイドウェーダー     本体価格74,000円
◎ ヘッドウォーターウェーダー 本体価格60,000円
サイズはどちらも、JS、JM、JL、JXLの日本向けサイズです。

この商品の発送は、ヤマト便で送料無料。
銀行振り込みと代引きもOK。
代引き手数料も当方負担で構いません。

ご注文、お問い合わせは、
電話052-502-4424か、
メール info (at) lasthope.jpまで。

なお携帯の方、お急ぎの方は、
メール lasthope.shinji(at)gmail.com まで。
どうぞお気軽に…。

-SIMMS(シムス)の他の商品をお探しなら-
2019年度のシムスのオススメ商品はこちら

2018年度のシムスのオススメ商品はこちら

当方HPのシムスのページはこちらです。