「義理チョコをやめよう」-ゴディバの広告は賛否両論、さて明日はどうなる?

道具屋ジジィが巷間賑わす時事問題について、
戯言いって憂さ晴らしする時事倶楽部。
今日も楽しいクラブ活動のはじまり、はじまり~

—————————————

明日はバレンタインデーですね。
バレンタインデーといえばチョコレート、
男性諸氏の皆さんには、チョコレートをもらえるかどうか
ご心配の方もおられるでしょうし、
女性の方なら、意中の人にうまくわたせるかどうか、
一日中、やきもきしておられる方も多いことでしょう。

いずれにしましても皆様、うまくいくといいですね。

ところで、
バレンタインのチョコといえば義理チョコですが
2/1にヤフーニュースで配信された、
「義理チョコをやめよう」ゴディバの新聞広告に賛否の声 狙いは?
というニュースには本当にびっくりしました。

まさかチョコレートのメーカーさんがこんな広告を出されるなんて、
自ら売り上げを下げることになるかもしれませんので、
ご英断というかなんというか…。
この広告が出たあとでは、SNSで賛否両論が渦巻くのも、
なるほどなぁと思います。




でも良く考えますと、
女性の皆さんにとっての義理チョコのご負担はなかなか大変。
いくら職場や所属するグループの潤滑材といっても、
購入金額はばかにならないだろうし、
職場の中にはいろんな人がいて、
嫌っている人にもあげなくてはいけないし、
などと、憂鬱になる方も多いとか…。

一方、義理チョコをいただく男性側にとっても、
チョコレートのような甘いものはNGとか、
あるいは義理チョコをもらったら、
何かお返しをしなければとか、
悩みの種がひとつ、増えてしまうこともございます。

それならいっそ義理チョコシステムを、
止めてしまえばいい、という意見もあるのでしょうけれど、
いったん根付いた習慣を変えるのはなかなか難しいでしょうし、
チョコレートメーカーさんの中には、
義理チョコで少しでも売り上げを増やしたいと
思っておられる会社もきっとあることでしょう。

義理チョコを止めることは、簡単にはできないかもしれませんね。

さて明日はどうなるか、興味深々の一日です。



美味しいね、台湾のパイナップルケーキ、順成蛋糕の冠軍鳳梨酥は最高です。

台湾のご常連、C様から頂戴したのがこちら、
台湾の有名なパイナップルケーキです。
パッケージもカッコイイですね。

台湾のパイナップルケーキ 順成蛋糕の冠軍鳳梨酥
台湾のパイナップルケーキ 順成蛋糕の冠軍鳳梨酥

開けてみますと、
こんな可愛い袋に包まれて、ぎっしり入っておりました。

包みを開けてちょっと切ってみますと、
中にはおいしそうなパイナップルの餡が入っております。

写真を撮り終えるのも待ちきれず、
さっそく一口パクリ。

表面はさくっとしておりますが、
中の餡がとろりとして、
その食感の移り変わりがいいですね。

またパイナップルの餡は、甘さが程良くて、
これなら女性はもちろん、甘いのが苦手な男性の皆さんにも、
きっとお気に召すことでしょう。




ちなみにこのパイナップルケーキ、
台湾では立派な賞をいただいておられるようで、
2011年のパイナップルケーキの優勝作品です。

ですから商品名が、「冠軍鳳梨酥」なんですね。

というわけで本当に美味しいパイナップルケーキ、
嫁と奪い合うようにしていただきました。

C様、ご馳走様でした。

-美味しいね-
美味しいものをたくさんご紹介、
こちらをどうぞ。