「仙」という字は「誰も知らない世界」を意味するとか。

今朝(1/08)の中日新聞の25面には、

「寝たきり社長」の抱く夢

というコラムがあって、

愛知県東海市でホームページ制作などを手掛ける、
佐藤仙務社長のご奮闘を取り上げてありました。

佐藤社長は小さい頃に、
「脊髄性筋萎縮症」と診断され、
筋肉が動かせず、ほとんど寝たきりだそうだ。

それでも絶望することなく、
19歳の時に会社を立ち上げられて、
今に至るそうですが、

”立派だなぁ、
もし道具屋おやじが寝たきりになったら、
きっと絶望して何もできないだろうなぁ”

などと思いながら、紙面を読んでおりました。

ちなみに佐藤社長の会社名は、
「株式会社仙拓」ですが、
この名前は、
一緒に会社を作った方の名前を一字づつとって、
お付けになったとのことですが、

後で調べたところ、
「仙」という字には、
「誰も知らない世界」という意味があるそうで、
会社の名前も、
「誰も知らない世界を拓く」という、
素晴らしい意味合いを持つ社名になったそうです。

「仙拓」=誰も知らない世界を切り拓くって、
本当に凄いことですね、
ぜひ頑張っていただきたいものです。





————

ところで「仙」といえば、
先日(1/4)旅立たれた
星野仙一(享年70歳)さんにも、
お名前に「仙」の文字がありますね。

中日ドラゴンズのファンを、
大いに沸かせた星野仙一さんも、

闘将として、
確かに「誰も知らない世界」を
大きく切り拓かれたことでしょう。

星野仙一さんは、
母子家庭でお育ちになった、
との記事を読んだことがありますが、

星野さんのお母さんは、
家族を支えるために、
朝の3時から夜遅くまで働いて
おられたとのこと。
本当にご立派だなぁ、
とても真似のできないことだなぁ、
などと、思わず目頭が熱くなってしまいます。

苦労された星野仙一さんのお母さんと、
またご本人のご苦労が忍ばれますね。

さて翻ってわが身、
誰も知らない世界を切り拓くことなど、
到底できませんが、
こんないい話を皆さんにお伝えすることは
できますので、
それで良しとしましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です