傷口に塩。

道具屋おやじの自宅は、
自慢じゃないがとっても狭い。

家族4人が川になって、
いや、今年になって娘が結婚して出て行ったので、
嫁と息子とおいらの3人が、
川の字になって寝ているほど狭いです。

当然のことながら、庭などまったくありません。
よく、小さい庭のことを謙遜して、
猫の額ほどの庭、
などとおっしゃる方がおられますが、
猫の額ほどでもあればいい。
おいらの家には庭などという贅沢な存在は、
何処を見回してもありゃしない。

家を建てる時に、
”小さな庭でもあったらガーデニング”、
などと嫁は思っていたと思いますが、
そんなはかない夢さえ適えてあげることができない。
現実は厳しいものです。

で、庭がないのはしょうがないとして、
釣りから帰って来た時に、
ウェーダーの干し場に困ります。
特にこの季節にはネオプレーンウェーダーを履きますが、
かさ張りますので置き場所に困る。
ベランダの物干しからぶら下げるわけにもいかない。
重いので、階下まで落っこちてしまうでしょう。

そこで自宅で干すのを諦めて、
店の駐車場の空いた場所に干しております。
駐車場はJRの高架の下なので、
高架が屋根代わりになってちょうどイイ。

これは先日、名古屋港のオカッパリでメバルを釣って、
帰ってきたときに干したもの。

いつもこんな感じで干しております。

実は翌日の定休日も行きました。
この日はローカルリバーに突撃。

いいネタが1個あったのですが、
なんと、半日かけて狙ったポイントまで釣り下がって、
へとへとになるまで頑張ったのに、
痛恨のボーズ。

今年のローカルリバーは魚が薄く、
いまいち魚の付き場がよくわかりません。
悔しいけどしょうがないですね。
居場所が分かるまで、頑張らなくては…。

次の日、店に来てからウェーダーを干したのですが、
それがこんな感じ。

さて、ここで質問です。
上の画像と下の画像の違いって、分かりますかねぇ?

ウェーダーのポケットの上の手袋をよく見てくださいよ~

分かったかなぁ?

分かった方、あなたは偉い!

下の画像はシムスの手袋が×印になっています。
これはボーズになってプンスカ怒っている印。

この印がある時は、不機嫌真っ最中なので、
釣り道具屋なのに釣りの話しなど、
まったくしたくない気分…。

ウェーダーが干してあるのをご覧になって、

”昨日は釣れました?”
などと、絶対に聞いては駄目ですよ。

そんな傷口に塩をぬるようなこと、
絶対に聞いちゃ駄目だからね。

でもこれでローカルリバー2連敗、
…とほほ…。
3連敗はなんとか避けねば…。